戦略的介護経営セミナー2018
~ICTで地域福祉、介護現場はどう変わる?~

時下益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

ICT、AIなどテクノロジーが急速に進展するなか、介護・福祉の現場にも大きなパラダイムシフトが押し迫っています。あらゆる情報が瞬時に入手、分析できるようになれば、地域や介護現場に存在するさまざまな資源が「見える化」され、新しいケアの提供のかたちが生まれます。それでは、地域住民・高齢者のQOLを高めるために、不足する介護人材の問題を解決するために、最新のテクノロジーをいかに使いこなせばよいのか。「介護×ICT」分野の第一人者である(株)ウェルモ代表取締役鹿野佑介様、(株)ビーブリッド竹下康平様をお招きし、未来志向の介護・福祉経営戦略を考えていきます。

ご興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。
ご多忙中と存じますが、ご来臨賜りますよう、よろしくお願いいたします。

開催概要

【日時】

平成30年11月21日(水) 16:20~17:50/開場15:50

【会場】

リーガロイヤルホテル小倉 3階オーキッド
(北九州市小倉北区浅野2丁目14-2) 小倉駅新幹線口 徒歩3分

【参加費】

無料

【申し込みサイト】

【プログラム】

講演Ⅰ 「テクノロジーがリデザインする地域、福祉(仮)」 講師:鹿野佑介氏
(株式会社ウェルモ 代表取締役 CEO)
講演Ⅱ 「ケアサポートソリューションによる介護施設経営のイノベーション(仮)」 講師:三浦雅範
(コニカミノルタ株式会社 グループ業務執行役員 産業光学システム事業本部 QOLソリューション事業部長)
討論 「ICTで地域福祉、介護現場はどう変わる?」 ファシリテーター: 竹下康平氏(株式会社ビーブリッド)
パネリスト:
鹿野佑介氏(株式ウェルモ)
三浦雅範(コニカミノルタ株式会社)

【共催】

コニカミノルタ株式会社、株式会社日本医療企画

【後援】

一般社団法人日本介護福祉経営人材教育協会、一般社団法人日本医療経営実践協会

このページを共有する