介護現場の人を支える“ケアサポートシステム”

“スタッフが入居者様に寄り添う本来の時間を取り戻したい”この思いをカタチにするため、コニカミノルタは介護現場を画像センシング技術で支えます。
ケアサポートシステムは、行動分析センサーで入居者様の行動を認識し、手元のスマートフォンへ映像を通知する新しいワークフローで介護現場を効率化します。
導入前後には、徹底的に定着サポートを行い、現場へのICT導入を後押しいたします。
また、様々なデータを蓄積し進化し続けるHitomeQ ケアサポートのプラットフォームの役割も果たします。

提供価値

ケア判断支援

  • 居室内の入居者様の行動を分析
  • 注意行動を認識してスタッフのスマートフォンに通知

情報連携支援

  • スマートフォンからその場でケア記録/即時共有
  • スマートフォンを用いた情報伝達

状況把握支援

  • 入居者様の状況を一括把握
  • 転倒・転落時の映像確認

活用シーン

通知映像で次のケアを判断

  • 居室の天井に取り付けたセンサーで入居者様の行動を分析。 起床/離床/転倒・転落などの注意行動を認識すると、スマートフォンへ映像と共に通知します。
  • 状況を手元で確認できるため、急いで訪室、準備してから訪室、お声がけのみで訪室しないといった判断が可能です。

スマートフォンで記録・情報連携を効率化

  • その場ですぐにケア記録や申し送り、連絡事項等を入力し、他のスタッフへリアルタイムに共有できます。
  • 情報伝達のために他のスタッフを探し回る時間や、連絡の遅れによる行き違いを削減できます。

状況を一括把握・動画で確認

  • スタッフステーションに設置したPCで、入居者様の臥床状態や介護記録等を一覧表示できます。 また、転倒・転落時に自動保存された「エビデンス」動画を確認できます。
  • 転倒・転落の発生状況が正確に把握でき、医師への説明、報告書作成やご家族様への連絡に役立ちます。 また、データを一覧で確認することで、ケアの漏れや入居者様の状態変化などの気づきを得られます。

導入支援サービス

スタッフの理解・定着をサポートします

リーダー研修:専門トレーナーが施設に合った導入後のありたい姿を共に創造
スタッフ研修:実機を用いたロールプレイングでスタッフの習得を促進
定 着 支 援:運用開始後の早期定着を現場で徹底サポート

ケアサポートシステムの製品システム構成

コニカミノルタは創業以来培ってきた光学技術、センサー技術、画像処理技術を独自のICTで融合し、介護業務全体の効率化を実現する「ケアサポートシステム」を生み出しました。全てのお部屋に行動分析センサーを設置し、スタッフ様全員にスマートフォンをお持ちいただきます。本システムはスマートフォンを軸に、現場とバックヤードをシステム管理サーバーで接続しています。

行動分析センサー

入居者様に違和感を感じさせないフォルムでお部屋の中の行動を検知します

スマートフォン

スマートフォンに使い慣れていないスタッフ様にも配慮した入力しやすい設計で簡単に操作できます

システム管理サーバー

スタッフステーションにて、各居室の通知状況を一目で確認できます

ケアコールスイッチ

Bluetoothで接続するためお部屋の配置も選びません
防水タイプもご用意しております

追加できる機器・センサー

介護記録、監視カメラ、各種センサー、ナースコールシステムなど、他社システムとの連携による拡張が可能です。
詳細はお問合せください。

システム全体イメージ図

全ての機器をケアサポートシステムとしてご提供いたします。
センサーボックスやアクセスポイントはPoEハブによりLANケーブルを通じて電源を供給します。

保守サービスについて

HitomeQ ケアサポート導入後、お客様に安心してご利用いただけるよう保守サービスをワンストップでご提供します
お客様のご要望に合わせたコースを複数ご用意しております

HitomeQ ケアサポートに関するお問い合わせ

各種お問い合わせ、ショールームの見学、カタログのダウンロードをお申し込みいただけます。

土・日・祝前後、年末年始等の期間は、回答までにお時間をいただく場合がございますので、あらかじめご了承ください

このページを共有する