• MANGA
  • CHARACTERS
  • GALLERY

GALLERY

剛太が乗るゼログラ
元々芝刈り機だった機体から作られた剛太機。
前方の大きなローターが特徴。
玄蔵が乗るゼログラ
小柄な玄蔵が乗る一際大きな機体のゼログラ。
正面のタービンと前後に伸びたパイプの迫力は圧巻。全長約5m。
駿が乗るゼログラ
スクラップを寄せ集めて作られた駿のピザデリバリー用ゼログラ。3つのジェットエンジンと前後に設けられたラダーにより、狭い街中を縦横無尽に飛び回ることが可能。駿の無茶な運転のせいでキズだらけとなっており、近頃故障の頻度が増えている。ボディの形状やカラーは駿の働くピザ屋「HEAVEN`S PIZZA」のチーズピザがモチーフ。
円形競技場
ゼログラルーレットの競技場。Episode2では、駿、海人、剛太がバトルを展開したステージ。背景描画のベースとして、1/100モデルをCADで作成。(モデリング:NX CG:Keyshot)
HEAVEN'S PIZZA 3Dモデル
沙羅婆ァの店。背景描画のベースとして3Dモデルを作成。(モデリング:NX、3dsMax CG:Keyshot)
街並1
Episode1で駿がぶつかりそうになった路地裏の3Dレンダリング。データを軽くするため、出来るだけ単純なブロックとテクスチャで空間を作成。(モデリング:NX、3dsMax CG:Keyshot)
街並2
多層円環コロニー内景の3Dレンダリング。線の強弱でスケール感を演出して、トゥーンレンダリングで漫画風仕上げ。(モデリング:NX、3dsMax CG:Keyshot)
街並3
多層円環コロニー内景の3Dレンダリング。 各種乗り物のディテールは、既存モデルを組み合わせるキットバッシュモデリングで効率的に作成。(モデリング:NX、3dsMax CG:Keyshot)
駿のゼログラ 構造検討スケッチ
ラダーの大きさや支点の位置など、構造を確認しながらのデザイン検討。
駿のゼログラ 初期スケッチ
当初検討していた小柄で丸い形状のデザイン。
内部構造 初期スケッチ
1フロアが巨大な円環構造になっており、そのフロアが幾つも積み重なって多層構造のタワーを成している。1フロアはそれぞれ独立して24時間で一周するようにコントロールされている。光が入りやすいように円錐状に造られた土台に街が並ぶ。ここから人口などを考慮した図面を作成し、現在のプロポーションとなった。
タワー中心部 構造 スケッチ
中心は、コロニー外から各フロアへ物資を運ぶドローンが着陸するための巨大エレベーターになっている。
HEAVEN‘S PIZZA設定
沙羅婆ァの店。身長の低い沙羅婆ァのために様々なカスタマイズが施されている。この時代には珍しく、庶民のための低価格ピザ用フードプリンターと値段は張るが本物のピザが焼ける本格的な窯、両方を備える。屋上には駿が乗るゼログラのためのポートがあり、改造した荷物用エレベーターやプリンターカートリッジ用シュートが設置してある。この世界のピザ屋がドローンを使わないのは、その昔、ドローンによる配達が遅れて支配層が激怒した「冷めたピザ」事件が原因だとか…?