2014年(平成26年)3月期 第2四半期 株主通信

1. 情報機器事業

売上高3,448億円(前年同期比30.1%増)

営業利益260億円(前年同期比99.7%増)

決算のポイント

カラー製品の販売増やコストダウンの順調な進捗により増収増益を達成
  • オフィス分野の主力製品であるA3カラーMFPが全地域で大きく伸張
  • プロダクションプリント分野でもカラー機の販売が堅調に推移
  • 業容転換に向けたIT・サービス・ソリューション売上はM&A効果もあり大きく成長
  • 製造部門における電子部品の集中購買などによりコストダウン計画が順調に進捗

トピックス

ライトプロダクションプリント分野向けデジタル印刷システムの集大成「bizhub PRESS C1070/ C1070P/ C1060」

売上高 2013年度第2四半期累計 3,448億円 通期(予想)7,200億円

営業利益 2013年度第2四半期累計 260億円 通期(予想)630億円

2. 産業用材料・機器事業

売上高624億円(前年同期比21.3%減)

営業利益89億円(前年同期比42.5%減)

決算のポイント

計測機器は堅調に推移するも他の主要製品は前年比販売減。但し、概ね計画線で推移
  • TACフィルムはノートPC市況の悪化及びTV用部材多様化の影響を受け販売減となるも、薄膜フィルムのシェア拡大もあり、想定内の進捗
  • レンズ関連製品は、総じて計画通り推移。HDD用ガラス基板は受注が回復せず、厳しい状況が継続
  • 計測機器はM&Aが奏功し順調な進捗

トピックス

大手照明関連測定器メーカーInstrument Systems GmbHを加え光測定機のラインアップを強化

売上高 2013年度第2四半期累計 624億円 通期(予想)1,170億円

営業利益 2013年度第2四半期累計 89億円 通期(予想)150億円

3. ヘルスケア事業

売上高359億円(前年同期比6.2%増)

営業利益19億円(前年同期比64.5%増)

決算のポイント

DR製品の販売好調により増収増益
  • カセッテ型DR「AeroDR(エアロディーアール)」の販売が好調を維持し、日米欧の主要地域で販売増
  • 卓上型CR(コンピューテッドラジオグラフィ)「REGIUS Σ(レジウス シグマ)」も、海外を中心に販売増
  • フィルム製品は、委託生産に切り替えたことにより収益性も改善し、新興国を中心に販売増

トピックス

在宅医療に最適な携帯型超音波画像診断装置「SONIMAGE (ソニマージュ) P3」新発売

売上高 2013年度第2四半期累計 359億円 通期(予想)800億円

営業利益 2013年度第2四半期累計 19億円 通期(予想)60億円