2019年(平成31年)3月期 第1四半期 株主通信

中期経営計画の中間年度、最初の四半期として順調なスタートとなりました。

株主の皆様におかれましては、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
「株主通信2018年夏号」をご高覧いただくにあたりまして、ご挨拶申し上げます。

当第1四半期連結累計期間(以下、当期間)における当社グループの連結売上高は2,552億円(前年同期比9.8%増)、営業利益は154億円(同77.2%増)、前四半期に続き増収増益の決算となりました。

事業セグメント別では、一部仕入商品の販売を終了した影響により減収となったヘルスケア以外の全セグメントで主力製品が堅調に推移したことにより、増収を達成しました。
営業利益は、オフィスやプロダクションプリント、機能材料などの基盤事業の収益力強化施策が成果を挙げたことに加えて、資産の流動化による収益が計上されたことで、当社グループ全体として前年同期比で大幅増益となりました。

通期業績予想につきましては資産流動化による収益が期初の想定を上回る見通しになったこと、事業は基盤事業の収益力強化などにより見通しに対する蓋然性が高まっていることを考慮し、上方修正することにいたしました。一方、外部環境では貿易摩擦などにより経済見通しの不透明感が続くことも勘案し、通期の営業利益は期初予想から20億円増の620億円といたしました。

以上のように、当期間は中期経営計画「SHINKA 2019」の中間年度の最初の四半期として順調なスタートを切ることができました。引き続き、最終年度となる2019年度の経営目標の達成に向けて、当社グループの総力を挙げて邁進して参る所存です。

株主の皆様におかれましては、今後とも一層のご支援、ご鞭撻を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

2018年8月 コニカミノルタ株式会社 代表執行役社長 山名昌衛

売上高 前年同期比9.8%増

営業利益 前年同期比77.2%増

親会社の所有者に帰属する当期利益 /ROE 前年同期比108.3%増

TOPICS

GPIFのESG指数である全インデックスに2年連続
「FTSE4Good Developed Index」に15年連続で選定

生産性向上を追求したデジタル印刷システム
   「AccurioPress C3080 / C3080P / C3070」を発売
~出力速度アップと厚紙対応力の向上で短納期化を支援~

平成30年度 知財功労賞 特許庁長官表彰を受賞

コニカミノルタ、働き方を変えるアウトソーシングサービス
   「Robotics BPO for Smart Work」をサービス提供開始

事業別概況

1.オフィス事業

A3複合機の販売台数は、カラー機が大幅に伸長しました。地域別では、カラー機が欧州中心に前期投入の高速機で引き続き高い伸長率を示し、新興国においては低速機から高速機まで大幅に伸長しました。ITサービスは、欧米での新規連結効果継続などにより増収となりました。

売上高(億円)
売上高 前年同期比7.9%増

営業利益 前年同期比73.2%増

2.プロフェッショナルプリント事業

カラー機、モノクロ機共に前年同期比増となりました。地域別では、欧州でカラー最上位機種を中心に販売が拡大し、アジア地域で各機種共に大幅に販売台数が伸長しました。産業印刷では、欧米を中心にインクジェットやラベル、デジタル加飾印刷機の販売が拡大しました。

売上高(億円)
売上高 前年同期比8.9%増

営業利益(億円)
営業利益 前年同期比5.5%増

3.ヘルスケア事業

DRが日米で堅調に推移し、米国ではDR単体に加えシステム商品としての販売数量が増加しました。超音波製品は、米国、中国で大きく販売数量を伸ばしました。医療ITは、国内病院向けの大型案件獲得や保守サービスの順調な拡大で増収となりました。

売上高 前年同期比4.9%減

営業利益(億円)
営業利益 前年同期比-

4.産業用材料・機器事業

機能材料で、大画面液晶TV用の耐水型新VA-TACおよびIPS向けZeroTACなどの高付加価値製品転換戦略が奏功し、光学コンポーネント、IJコンポーネントも販売好調で、いずれも前年同期比増収となりました。計測機器は前期にけん引した大口案件の需要が落ち着き、前年同期比では減収でした。

売上高 前年同期比10.2%増

営業利益 前年同期比11.1%増

関連リンク

決算短信・説明会資料

2019年(平成31年)3月期 の決算情報は、決算短信およびアナリスト、機関投資家向けの決算説明会資料でも解説しておりますので併せてご活用ください。

Get Adobe Reader ダウンロード
PDFファイルをご覧頂くには、アドビ社のAdobe Reader(R) が必要になります。
最新の Adobe Reader はアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。