研究開発セグメントと研究開発費

当社では前述のコア技術に支えられた4つの事業・技術(情報機器事業、産業用材料・機器事業、ヘルスケア事業、共通基盤技術・先端技術)があり、その研究開発活動を積極的に行っています。2013年度における研究開発費は711億円となり、700億円以上の投資を4年間連続で継続しています。

事業分野ごとの投資比率はグラフに示す通りです。当社の主力事業である情報機器事業の研究開発費が最も大きく、50%以上を占めています。情報機器事業以外の分野では、成長事業として位置付けている、産業用材料・機器事業の有機EL照明・機能性フィルムおよび超音波診断装置などを有するヘルスケア事業への研究開発費を増加させています。それぞれの研究開発費を前年度と比較しますと、有機EL照明・機能性フィルムでは約5%の増加、ヘルスケア事業では約40%の増加となっています。

グラフ:研究開発費の割合