go insight - 顧客行動解析サービス

Deeper insight,better engagement

AIを活用した行動解析・効果測定

「go insight」は、AI(人工知能)を用いた顧客行動解析のサービスです。

店舗や展示会場に設定されたカメラから取得した画像を、コニカミノルタ独自の画像解析技術とディープラーニングにより解析。今まで現場の担当者の体感や勘などに頼っていた消費者の行動を、データにもとづいて分析する ことができ、不透明だった行動プロセスが見える化できます。

go insight

go insightでできること

新たな顧客インサイトの導出

従来のマーケティングリサーチ手法の結果に、go insightによる新たな切り口の情報を追加することで、多角的に顧客の理解を高めることが可能です。

例えばアンケート調査やインタビュー調査の結果と、go insight による行動解析結果を突き合わせることで、新たな潜在ニーズ発見に繋がります。

新たな顧客インサイトの導出

様々な場面でROI測定が可能に

販促物を設置することによる棚前滞在者数や、販促物の仕様変更による使用者数の変化などを定量的に計測することが可能になり、販促物のROI(投資収益率)を数字で測ることができます。

更に、イベントや展示会といったマーケティング活動においても、来客者の行動解析が可能となり、定量的にその効果を計測することができます。

様々な場面でROI測定が可能に

サービス概要

行動解析プラットフォーム

go insightは、店舗や展示会場に設定した専用カメラで顧客の動きを取得・分析を行います。
このカメラにはAI(人工知能)が搭載されており、専用カメラの中で顧客の属性を解析することが可能です。
カメラで解析されたデータはクラウドに送信され、POSデータなどのさまざまなデータと掛け合わせて
ダッシュボードや調査レポートとして確認することができます。
また、Excelやcsvファイル、jsonファイル形式でのダウンロードもできます。

さまざまなデータとの連携が可能

属性情報

属性情報

年代 / 性別

滞在情報

滞在情報

人数 / 滞在時間 / リピーター

棚前行動情報

棚前行動情報

商品接触回数 / 接触商品 / 販促物使用

他データ連携

他データ連携

POS-ID / アンケート / 視線検知 / 導線情報

エンジニア紹介

経歴

医療機器メーカーでの解析アルゴリズム開発や、社会人留学でのAR研究、海外開発拠点でのソリューション開発などを経て、現在マーケティングサービスの開発チームリードを担当。

大阪大学工学部 応用物理学科卒

経歴

SIerにて宇宙開発関連システムの設計・開発を8年、企画・営業を3年担当、現在はgo insightのスクラムマスター兼エバンジェリスト。

日本大学理工学部 宇宙物理学専攻卒

経歴

国内大手メーカーにてスマートフォンに関する要素技術の開発、及びサービス企画に従事。その後、国内自動車メーカーでの戦略策定業務を経て、現職では開発を担当。

情報学部ネットワーク専攻卒

経歴

入社後材料開発を経験後、国内新会社起ち上げ、海外買収会社統合のIT戦略立案とシステム開発に従事。グローバルの新規システム開発を担当。

筑波大学大学院 数理物質科学研究科卒

コンサルタント紹介

経歴

コーポレートブランディング・ガバナンス部門にて、国内外の販社80社の統括を担当後、グローバルのデジタルコミュニケーション戦略の立案と実行をサポート。

神戸大学農学部 植物資源学科卒

経歴

入社後、産業印刷事業の事業企画の経験を経て米国に駐在し、事業開発業務に従事。帰国後、新規商材の立ち上げを担当後、複数の大手メーカーとAIを活用したショッパー行動分析のマーケティングへの活用プロジェクトに従事。

ワシントン州立大学経営学士
(マーケティング専攻)

経歴

主にバックオフィス系業務の効率化に従事し、SAP導入プロジェクト、BPOのオフショア化をグローバルでリードした経験を持つ。

国際学部 国際文化学科卒

経歴

Sierにて大手医療機関向け電子カルテシステムの開発、導入に従事。その後コニカミノルタの医療部門にて複数のIT商材の企画から国内外120カ国への展開までを担当。

情報理工学部卒
(マーケティング専攻)

お客様の声

ショッパーの多様化と複雑化を理解し、
対応する有効な手段

ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社
ユニリーバ・ジャパン・サービス株式会社

Unilever

激しく変わりゆくショッパー(購買者)のインサイトを確実に掴むべく、店頭調査においても様々な取り組みを行っている中、よりバイアスのかからない 新しい調査手法を検討していました。今回一緒に取り組んだKonica Minoltaの”go insight”を使った店頭調査では、ショッパーの店頭での行動を、画像処理とAI技術を活用することで、短期間で効率的に構造化するに成功しました。
これにより、ショッパーの店頭販促物に対する反応を定量的に測定することが出来、今後の店頭販促物のあり方を見直す貴重なインプットを得ることが出来ました。

従来の手法と共に、このような新しい手法を組み合わせることは、ショッパーの多様化と複雑化を理解し対応する有効な手段となると思います。

ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社 ショッパー&カスタマー マーケティング ダイレクター 須江 健一郎様

ユニリーバ・ジャパン・
カスタマーマーケティング株式会社

ショッパー&カスタマー
マーケティング ダイレクター
須江 健一郎様

ユニリーバ・ジャパン・サービス株式会社 プロキュアメント ポートフォリオマネジャー 小山 真也様

ユニリーバ・ジャパン・
サービス株式会社

プロキュアメント
ポートフォリオマネジャー
小山 真也様

お問い合わせはこちらから

このページを共有する