介護認定業務への画像解析技術活用

■対象部門:介護認定(応用活用想定部門:障碍者福祉、教育)

介護申請から認定までの時間短縮と認定基準統一の実現を支援する

介護認定調査員の訪問調査による評価において、短時間の観察では評価困難な項目についてAI画像解析により定量化することで認定調査業務の負担を軽減。
※中核市の例 介護認定調査:約40,000h/年、受付・審査・データ入力など:約30,000h/年

課題:ケアマネジャーの訪問調査とかかりつけ医による主治医意見書作成の負担が大きい。認定のエビデンスの質や量に差があり、判定のバラツキが多い。課題に対する先進デジタル技術の図:判断材料が安定、増加することにより、より公平な判断を行うことに寄与する。

※AI画像解析データを活用した介護認定調査には要介護認定に係る制度の改定が必要となる部分があると考えています。弊社では制度改定に向けて継続的に検証に取り組んでいます。

このページを共有する