地元中小企業への分析技術・脳科学技術活用

■対象部門:経済・産業

地元企業の強みを分析し、科学的にPRコンテンツの創出を支援する

匠の技や製品の魅力を「最先端の分析・解析手法」により「強みの見える化」を実現。
感性脳科学による強みの認知を科学的に実現することで「継続的な顧客(ファン)の創出」を支援。
※中核市の例 誘致企業に関する業務:約2,100h/年

課題:地元企業の求人が少ない。地元企業の技術マッチングが困難。技術の強みを把握しづらい。
課題に対する先進デジタル技術の図:感性マーケティングプラットフォーム。地元企業の想いを可視化、強みを定量化し、共創を実現。自治体の産業が活性化する「科学されたファンマーケティング」の場を提供する。

このページを共有する