ランニングに効く!動画トレーニング

コニカミノルタ陸上競技部宣伝目指せ快走!ランニングレッスン

ランニングに効く!動画トレーニング

ただ走るだけではなく、レベルアップを狙うなら、工夫とノウハウが必要です。
コニカミノルタ陸上競技部選手が実際に取り入れているトレーニングなど、解説を交えて紹介しています。
ワンランク上の走りを目指しましょう!

フォームの改善方法の提案

理想的なフォームと言ってもなかなか自分では分かりづらいものです。正しい姿勢で走れるようになると、身体にかかる負担も軽減され、故障のリスクも少なくなります。

谷川智浩選手

※解説:磯松大輔監督(2013年4月 監督就任)

ここがポイント!知っていますか?ランナーお役立ち情報

脱水症状にならないために体重のチェックを

暑さが続くこの時期に気をつけたいのが夏バテ。
走る前と後での体重の変化をチェックすることで練習中に適切に水分を取れていたかが分かります。
体重の約2%が減ると軽い脱水症状だといわれます。疲労や筋肉の痙攣、ひどくなると頭痛やめまいなども起こります。汗で電解質を失いやすい夏場はスポーツドリンクと水を一緒に飲みましょう。

レースの前と後、食事や給水は?

夏バテ対策には食事から!

暑さが続くこの時期に気をつけたいのが夏バテ。
そんな夏バテを避けるために普段の食事を見直してみましょう。
夏のマラソン大会のエイドで見かけるバナナやスイカ、きゅうりやトマトなど、暑い地域で採れる旬の食材には体を冷やす働きがあります。身体を冷やす働きがある食べ物を適度に取り入れることで身体の負担を減らしてあげましょう。

夏のお疲れ解消レシピ!

体力温存のためにも日焼け対策

夏に外を走るランナーにとって、紫外線の強さは気になりますよね。日焼け対策は白い肌をキープするためだけではなく、体力を温存するためにも大事です。炎天下を走ることでの肌のほてりが疲労感につながります。最近では、ランナー向けのファンデーションやSPF機能のあるアームカバーなどいろいろ出ているので活用してみては。

腹筋・股関節・ジャンプ系のトレーニング

今回の動画中でも取り上げた、腹筋・股関節・ジャンプ系のもっと詳しいトレーニング方法が気になる方は下記リンクもご覧下さい。

【腹筋】 補強(上半身と体幹部)

【股関節】 補強(下半身・脚部)

【ジャンプ系】 カラダのキレを作る

じっくり解説!ランニングレッスン

このページを共有する

コニカミノルタから情報を受け取る