ニュースリリース

コニカミノルタグループのキンコーズ・ジャパンが
サイン&ディスプレイ制作サービスを展開するインターリンク(株)を傘下に

2016年4月4日

コニカミノルタ株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:山名 昌衛、以下 コニカミノルタ)の100%子会社であるキンコーズ・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:西條 弘晃、以下 キンコーズ)は、大判インクジェットプリント専業で業界大手のインターリンク株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:竹長 剛 以下 インターリンク)を買収いたしました。

狙い

コニカミノルタが推進している、企業の営業・マーケティング部門を顧客ターゲットとするソリューションビジネスにおいて、大型インクジェットプリントの出力、加工、施工までサイン&ディスプレイサービスをワンストップで展開しているインターリンクの買収によって、以下の効果発揮を狙います。

  • オンデマンド出力サービスのリーディングカンパニーであるキンコーズでは、インターリンクが持つサイン&ディスプレイサービスのリソースとノウハウを活用し、企業の販促活動ニーズに対するリアルマーケティング分野*での幅広い提案力とスピード感のある対応力の強化を図り、オンデマンド出力サービスのさらなる国内シェア拡大を目指します。
  • インターリンクの代理店チャネルを得ることにより、コニカミノルタグループにとって新規となる顧客へのリーチ拡大を図ります。
  • コニカミノルタグループ各社が連携することにより、デジタルマーケティングとリアルマーケティングを融合し、新たなサービス領域まで拡大したワンストップソリューションサービスで差別化を図ります。

*印刷物、展示物、装飾物、POPなどの制作物を提供して顧客とコミュニケーションをするマーケティングサービス

買収方法

コニカミノルタはキンコーズを通じてインターリンクの全株式を取得しました。キンコーズとインターリンクは、本件に関する株式譲渡契約を4月1日に締結しています。

背景

コニカミノルタは、2003年からプロダクションプリント事業を成長領域と定め、高速・高精度なデジタル印刷システムを提供するとともに、近年は商業印刷のクライアント企業に直接リーチする商品・サービスの展開も視野に入れ、事業規模と業容の拡大を図ってまいりました。その中で、企業の営業・マーケティング部門へのサービスに重点をおき、社内シナジーの創出とともに買収・提携を進めながら、サービス内容を拡大しています。
2012年にキンコーズを傘下に収めてアウトソーシングによるオンデマンド出力サービスの提供を開始し、2015年にはERGOMPM (エルゴ エムピーエム)株式会社を設立して販促などの印刷物の企画・制作などを支援するマーケティング・プロダクション・マネジメントサービスの提供を開始することで、リアルマーケティング分野でのサービス提供の充実を図っています。さらに、2月に契約締結したデジタルマーケティング分野におけるネットイヤーグループ株式会社との資本業務提携も加え、今後はグループ各社のシナジーによってリアルとデジタルのトータルでの提案が実現します。

コニカミノルタは、今後もお客さまへの約束「Giving Shape to Ideas」のもと、お客様のニーズに合致したソリューションとサービスの提供に努め、グループ全体の企業価値を一層高めてまいります。

インターリンク概要

社名 インターリンク株式会社
設立 1996年
所在地 東京都千代田区神田駿河台2-9  KDX御茶ノ水ビル
代表者 代表取締役 竹長 剛
従業員数 58名
事業内容 広告制作企画、大型インクジェット出力・加工、施工
URL http://www.interlink-pro.co.jp/New Window

インターリンクのサービス事例 : イベント懸垂幕

関連リンク

ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日現在の情報です。お客様がご覧いただいた時点で、情報が変更(生産・販売が終了している場合や、価格、仕様など)されている可能性がありますのであらかじめご了承下さい。