ニュースリリース

コニカミノルタ株式会社 2019年入社式 社長訓示

2019年4月1日
コニカミノルタ株式会社
代表執行役社長 兼 CEO 山名昌衛

新入社員の皆さん、本日は入社おめでとうございます。
コニカミノルタを代表して、皆さんの入社を心から歓迎いたします。

昨今、IoT、人工知能(AI)やロボティクスといったデジタル技術の目覚ましい進展によって、あらゆる産業で大きな変革が起きています。どのような産業でも今ほどイノベーションが必要な時代はありません。

コニカミノルタでは、このような時代の変化をチャンスと捉え、自らが「課題提起型デジタルカンパニー」としてその変革をリードする立場になろうとしています。経営理念である「新しい価値の創造」を顧客志向で徹底し、豊かな人間社会やビジネス社会の進化に貢献していくことを経営の骨幹に据えています。

新しい価値(バリュー)を生み出すのは技術ではなく人財です。一人ひとりが個を輝かせ、多様な考えを持つ人財がお互いを認め合い、自由闊達に議論を尽くすことで、新しいイノベーションが生まれます。
一人ひとりが強い個を持つことが、結果として素晴らしいチームワークや成果につながります。自分にとって意味があること、心血を注げること、こうありたいという姿、その自分らしさを追求して、自身の軸を確立してください。目指すところに向けて自ら鍛錬し、違いを力にしてください。

これからの時代は、産業や商品に縛られた発想では、社会や顧客の心に訴えるソリューションやサービスを提供することはできません。常識や固定観念にとらわれず、自らの感性を大切にし、当たり前になっていることに疑問を呈していただきたいと思います。皆さんの新しい価値観と発想力を堂々と主張、提案して新風を巻き起こして下さい。若いエネルギーに大いに期待しています。

私は、当社の社員に求める人財像として「ビジネスアスリートたれ」との表現を使っています。スポーツの世界でも、頂きを目指すトップアスリートは明確なゴール設定力とそれに向かいやり抜く覚悟が違います。皆さんも、やり抜く過程の中で困難な壁にぶつかることもあるでしょう。
コニカミノルタには、グループ全体で共通の価値基準となる、6つのバリュー*があります。厳しい局面や、意見が対立した時、判断に悩んだ時はこの6つのバリューに立ち返って判断・決断をしてください。

仕事とは、何事も自分事としてとらえて情熱を注ぎ、誠実に人と接し、他を巻き込んで周囲からの信頼を得ることで、もう一段高いチャレンジの機会が与えられていくものです。
皆さんには、コニカミノルタの一員として大きな「誇り」を持っていただきたいと思います。そしてその「誇り」を一日も早く「働きがい、やりがい」に転化していただきたいと願っています。

私自身、強い覚悟を持って変革に取り組んでいます。共に変革の先頭に立って「うねり」を起こしていきましょう。 本日は、コニカミノルタへの入社、誠におめでとうございます。

*6つのバリューについて
バリューとは、私たちの信条そのものであり、もともと持っているDNAです。私たちがビジネスを通じて接するすべての人・社会に対する具体的な振る舞いや特徴であり、立ち返るべき判断基準でもあります。

Open and honest

Customer-centric

Innovative

Passionate

Inclusive and collaborative

Accountable

ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日現在の情報です。お客様がご覧いただいた時点で、情報が変更(生産・販売が終了している場合や、価格、仕様など)されている可能性がありますのであらかじめご了承下さい。