トピックス

山田錦栽培におけるスマート農業の共同試験実施について

2020年7月8日

コニカミノルタ株式会社 (本社:東京都千代田区、社長:山名 昌衛、以下コニカミノルタ)は、当社の強みである画像・映像の高速処理技術を活かした画像IoT/AI技術開発を推進しています。この度、コニカミノルタは、2018年より連携協定を締結している神戸市のほか、(株)神戸酒心館、神戸農業改良普及センター、JA兵庫六甲と神戸市山田錦栽培におけるスマート農業の共同試験を開始することをお知らせします。

撮影された圃場の画像はコニカミノルタで解析を行う

背景と提供価値

コニカミノルタは2018年に神戸市と産業振興における連携協定を締結しました。兵庫県は全国有数の山田錦(酒米)の生産地であり、神戸地域では北区において山田錦の栽培が活発に行われております。コニカミノルタが事業連携協定を結んでいる神戸市の他、神戸市の法人とも連携して「神戸山田錦推進研究会」を設立し、最先端生育画像解析等の新たな技術を用いた試験研究や、SDGsを軸とした循環型農業の推進等を行い、神戸地域における山田錦生産部会の栽培技術向上や新たな付加価値創出を図ります。

参加法人と役割

担当 内容
神戸市 山田錦生産振興、スマート農業の推進
神戸農業改良普及センター 栽培処方確立支援、各種アドバイス
JA兵庫六甲 生育調査、肥料調達、収量/品質計測、土壌診断の実施
(株)神戸酒心館 環境・地域に配慮した日本酒の醸造、持続可能な生産と消費形態による地域貢献
コニカミノルタ(株) 画像解析と各種データとの分析実施

コニカミノルタの役割と画像解析技術について

コニカミノルタは、画像IoT/AI技術による見えないものを見える化する技術の開発を推進しています。農業の領域においてはデータ活用による農作業のワークフロー変革をすることにより、収穫量の安定化で収益向上を目指します。今回、神戸山田錦推進研究会を通じ、これらの技術を提供していきます。この秋に新設予定の開発棟(Innovation GARDEN OSAKA Center)にて、見える化技術のさらなる向上を進めてまいります。

■ お客様 お問い合わせ先

コニカミノルタ株式会社 OneKM 推進室

ここに記載されている内容は、掲載日現在の情報です。お客様がご覧いただいた時点で、情報が変更(生産・販売が終了している場合や、価格、仕様など)されている可能性がありますのであらかじめご了承下さい。