トピックス

サステナビリティ格付「SAM Sustainability Award」で
「シルバークラス」に選定

2021年2月10日

コニカミノルタ株式会社(以下 コニカミノルタ)は、世界の代表的なESG投資分野の調査・格付会社であるS&Pグローバル社(米国)の格付「SAM Sustainability Award」で、「シルバークラス」に選定されました。
「SAM Sustainability Award」への選定は2013年以来、9年連続となります。

コニカミノルタは、「Computers & Peripherals and Office Electronics(コンピューター・周辺機器および事務用電子機器)」の産業セクターにおいて、以下の項目でセクター最高点を獲得しました。
経済側面:マテリアリティ/税務戦略/イノベーションマネジメント/プライバシー保護
環境側面:環境報告/環境方針&マネジメントシステム/製品管理/気候変動戦略
社会側面:社会性報告/人材の引き付け&定着

【 コニカミノルタの価値創造ストーリー 】

人口動態の変化、デジタル革命の進行、世界の多極化、気候変動・地球温暖化などの世界的な潮流を背景に、今、世の中は大きく変わろうとしています。コニカミノルタは、こうした変化にしなやかに対応しながら長期の視点で経営を推進していくために、2030年を見据えた長期の経営ビジョンを策定しました。
コニカミノルタの社会的存在意義は、独自のイメージング技術をコアに時代とともに変化する顧客の「みたい」というニーズに応え、「人間中心の生きがい追求」と「持続的な社会の実現」を高次に両立することです。この考えを集約したステートメントが、経営ビジョンに掲げる「Imaging to the People」です。これを具現化するために、5つのマテリアリティを追求し、長期的な企業価値の向上を目指します。

■SAM Sustainability Awardについて

S&Pグローバル社の「SAM Sustainability Award」は、世界の代表的なESG投資分野の調査・格付で、世界の大企業7,000社以上を対象に、経済・環境・社会の3側面から、長期的価値創造に重点をおいて、企業の持続可能性についての評価を行っています。
2021年の格付では、「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」合わせて242社(うち日本企業は22社)が選定されました。

■参考情報:社外からの評価

コニカミノルタは、ESGに関するグローバルな指標や格付で数々の高い評価を受けています。

Dow Jones Sustainability Index
(米国)
World Index (DJSI World):
2012年から連続で構成銘柄に組み込み
Asia Pacific Index (DJSI Asia Pacific):
2009年から連続で構成銘柄に組み込み
FTSE4Good Index Series(英国) 2003年から連続で構成銘柄に組み込み
FTSE Blossom Japan Index(英国) 2017年新設当初から構成銘柄に組み込み
MSCI ジャパンESGセレクト・
リーダーズ指数(米国)
2017年新設当初から構成銘柄に組み込み
MSCI 日本株女性活躍指数(米国) 2017年新設当初から構成銘柄に組み込み
S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数(米国、日本) 2018年新設当初から連続で構成銘柄に組み込み
S&Pグローバル(米国) 「SAM Sustainability Award」に2013年から連続で選定
(ゴールド:4回、シルバー:5回)
Corporate Knights(カナダ) 「世界で最も持続可能な100社」に選定
(2011年・2019年・2020年・2021年)
イーコム(ISS-oekom) (ドイツ) 2011年から連続でトップクラスの「Prime」認定を維持
エティベル(Ethibel)(ベルギー) 「Ethibel Pioneer」及び「Ethibel Excellence」の
投資ユニバースに選定(2020年5月)
CDP(英国) 「気候変動Aリスト」に認定
(2013年・2014年・2016年・2017年・2020年)

関連リンク

ここに記載されている内容は、掲載日現在の情報です。お客様がご覧いただいた時点で、情報が変更(生産・販売が終了している場合や、価格、仕様など)されている可能性がありますのであらかじめご了承下さい。