In-situで樹脂部材の破壊過程を⾒たい

X線タルボ・ローなら、樹脂部材の破壊過程をIn-situで把握できます。

In-situでの樹脂部材の破壊過程

プラスチック試験⽚のIn-situによる破壊過程。
樹脂部材に引張力をかけながら、複数回撮影を行うことで樹脂部材の破壊過程をIn-situで把握できます。
⼩⾓散乱画像で破断に⾄る前から多数のマイクロクラックを検出(⻩⾊⽮印)。破断箇所(⾚⾊⽮印)以外にも強度的に弱い部分を検出でき、材料や構造設計へのフィードバックに貢献します。

各種お問い合わせ、受託撮影のお申込み、資料ダウンロードはこちらからお申し込みいただけます。

このページを共有する