「みえないものをみえる化」しものづくりの課題解決に貢献します「みえないものをみえる化」しものづくりの課題解決に貢献します
射出成形にて、強度向上の指針を得たい射出成形にて、強度向上の指針を得たい
破壊メカニズムを捉えて、設計に反映したい破壊メカニズムを捉えて、設計に反映したい
アセンブリを分解しないで、信頼性を評価したいアセンブリを分解しないで、信頼性を評価したい
反りの要因を把握して抑えたい反りの要因を把握して抑えたい

お知らせ

2021年6月17日事例報告
「プラスチック成形加工学会第32回年次大会」にて事例報告。講演番号:C-209(15:20~15:40)、講演タイトル:X線タルボ・ロー干渉画像装置による繊維強化複合樹脂の解析ソリューション
2021年5月1日展示会
「第4回ファインケミカルジャパン2021」のオンライン展示期間が5月31日まで延長されましたので、この期間はオンライン上でのご説明を承ります。ファインケミカルジャパンホームページのリンクから「ファインケミカルオンライン」に移動して頂き、来場者登録後、弊社オンラインブースへご来場ください。
2021年4月14日展示会
「第4回ファインケミカルジャパン2021(CFRPパビリオン:H-08)」に出展(21年4月14日~16日・東京ビックサイト)
尚、オンライン展示を21年3月1日~4月30日の期間で実施しますので、この期間はオンライン上でのご説明も承ります(ファインケミカルジャパンホームページにて来場者登録後、弊社オンラインブースへご来場ください)
2021年3月3日事例報告
「第12回 日本複合材料会議 JCCM-12」」にて事例報告。講演番号:2B-12(15:40~>15:55)、講演タイトル:タルボ・ロー干渉画像装置による繊維強化複合樹脂の解析ソリューション
2021年1月20日展示会
「第13回オートモーティブ ワールド(クルマの軽量化 技術展)」に出展(21年1月20日~22日・東京ビックサイト)
→ 新型コロナウイルス感染症対策で出展を中止しました。

X線タルボ・ロー撮影装置とは

X線タルボ・ロー撮影装置で得られる3画像の特長

X線タルボ・ロー撮影装置はX線の吸収、屈折、散乱をそれぞれ画像化し、従来のX線装置で⾒えなかった内部構造を⾒える化します。


これら特長の異なる3画像で複合的な非破壊検査が可能となります

ご提供サービス

コニカミノルタでは、X線タルボ・ロー撮影装置を⽤いて次のようなサービスを提供しています。

受託撮影サービス

コニカミノルタでは、独⾃のX線タルボ・ロー撮影装置を⽤いた受託撮影サービスを提供しています。本装置により、複合材内部の繊維配向、ボイド、樹脂流動、ウエルドラインなどを、⾮破壊で可視化します。

ご提供予定サービス

X線タルボ・ローCT

繊維量分布、ボイド、ウエルドなどを3次元で観察可能なX線タルボ・ローCTを開発中です。
ご提供できる準備が整いましたら、本ページにてご紹介いたします。

X線タルボ・ローの撮影例

X線タルボ・ローで課題解決

もっと知りたい⽅は

各種お問い合わせ、受託撮影のお申込み、資料ダウンロードはこちらからお申し込みいただけます。

このページを共有する