Watch Video

「見える化技術」を
個別化医療のために

「見える化技術」で個別化医療をリード

コニカミノルタの最先端の「見える化技術」は、医薬品開発と実地医療を次のレベルへ導きます。

遺伝子、タンパクから臓器までを可視化する先進技術とバイオインフォマティクスの融合からなるソリューションは、医薬品等の研究開発における課題と日本社会の抱える医療課題の解決を図り、個別化医療を実現へと導きます。

「見える化技術」でプレシジョンメディシンをリード

創薬研究開発支援サービス

医薬品開発に革新を

“遺伝子からタンパク、臓器まで”
“創薬から後期臨床まで”

「見える化技術」によるPoM/MoAの証明や切れ目の無い創薬研究開発支援サービスは、医薬品開発リスクの低減だけでなく、創薬から後期臨床まで、革新的な医薬品開発を加速します。

医薬品開発支援サービス(仮) 医薬品開発に革新を
遺伝子診断サービス(仮) 真の個別化医療実現へ

遺伝子関連検査サービス

真の個別化医療実現へ

“先進的な検査を多く輩出する高度なバイオサイエンス”
“蓄積されたデータベースとノウハウ”

遺伝子の「見える化技術」で、未病時より予後まで、患者様の疾患をマネージし、医療現場における個別化を加速します。

代表メッセージ

「見える化技術」を駆使して医療における課題を解決します

代表取締役社長
益尾 憲

代表取締役社長 益尾 憲

Precision Medicine(個別化医療)は、「個別の背景や疾病や治療のステージに併せて緻密に専門的な医療を組み立てること」と定義しています。そのためには「個」の状況を正しく理解する診断がキーワードになってきます。そして遺伝子変異のタイプ・標的タンパクレベル・薬剤と標的分子との関係・臓器における疾病の進捗や生命予後など多くの要素をみて判断する必要があります。コニカミノルタ プレシジョンメディシン ジャパン(株)は、最先端の科学的知見に基づき「見える化する技術」を駆使して医療における課題解決を提案します。ひとつはアカデミアや製薬企業の新規探索や研究開発に寄与します。さらには、医療機関・専門医を通じ個人の「リスク評価」にあたって、診断方法およびインフォマティクスを提供します。その結果として、患者様個々の予防や治療の効果を高め、医療の効率化に努めます。

企業情報

会社名 コニカミノルタプレシジョンメディシンジャパン株式会社
所在地 東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビルディング
代表取締役社長 益尾 憲
設立 2018年(平成30年)7月23日
株主 コニカミノルタ株式会社(100%)
事業概要
  • バイオマーカー開発や提供による医薬品等の研究開発を支援するカスタマイズドサービス
  • 遺伝子検査やタンパク質等の分子診断サービス商品

ニュース

現在、ニュースはありません。

イベント

現在、ニュースはありません。

このページを共有する