創薬支援サービス

サービスラインナップ

Quanticell®サービス

コニカミノルタが独自に開発した高輝度蛍光粒子を用いて、ヒトや動物の病理標本切片から細胞内外に発現している標的タンパクや標的タンパクに結合している薬剤を高感度に検出します。
従来技術では困難であった標的タンパクの高感度定量を可能とし、精密画像解析を駆使した局在解析により等、薬剤の科学的エビデンスを高める付加的情報を提供します。コニカミノルタプレシジョンメディシンの専任技術者がお客様のご要望に合わせたサービスを提供します。

グローバルイメージングサービス

創薬の上流から下流にまたがってInvicro社が保有する高度な専門知識とグローバルサービスに基づいて、コニカミノルタプレシジョンメディシンはお客様の創薬開発研究を支援します。
非臨床段階においては候補薬剤の特徴を見極めるバイオイメージング、トランスレーショナルリサーチにおいては臨床へと応用可能なイメージングバイオマーカーの開発、さらには臨床後期試験においては候補薬剤の効果を見極めるメディカルイメージング(中央画像判定)を提供します。

Invicro社のより詳細なサービス内容については下記をご覧ください。

日本語版
※English Follows Japanese

新規技術紹介
(SPFS免疫測定法)

SPFS*1免疫測定法によるLBA*2解析は、開発薬剤の指標となりうるヒトや動物の体液(全血、血清/血漿、脳脊髄液、尿、組織ホモジネートなど)中のバイオマーカー(タンパク・核酸・EV*3等)を評価・探索する研究者を支援します。
コニカミノルタではSPFS技術を通じてリキッドバイオプシー*4の実現を目指し個別化医療に貢献していきます。

*1 SPFS(Surface Plasmon field-enhanced Fluorescence Spectroscopy):表面プラズモン共鳴励起増強蛍光分光

*2 LBA(Ligand Binding Assay):リガンド結合法

*3 EV( Extracellular Vesicles) :エクソソーム

*4 リキッドバイオプシー:Liquid Biopsy

SPFS免疫測定法の特徴
✅低アフィニティ:局在増強励起により励起エリアを限定できるため  洗浄レス、弱洗浄でのB/F分離が可能
✅広ダイナミックレンジ:3D高密度抗体固相技術と高いS/Nにより極低濃度域から高濃度域までの検出を実現
✅高感度:極微弱蛍光検出技術と独自ブロッキング技術によりバックグラウンドノイズを低減

English Ver.

New Technology introduction
(SPFS*1 immunoassay)

LBA*2 analysis by SPFS*1 immunoassay assists global researchers in evaluating and exploring biomarkers (protein, nucleic acid, EV*3, etc.) which are indicators of developed drugs in human and animal body fluids (serum/plasma, cerebrospinal fluid, urine, tissue homogenates, whole blood, etc.).
KONICAMINOLTA will contribute to precision medicine to realize liquid biopsy through SPFS technology.

*1 SPFS : Surface Plasmon field-enhanced Fluorescence Spectroscopy

*2 LBA : Ligand Binding Assay

*3 EV : Extracellular Vesicles, Exosomes

Features of SPFS immunoassay
✅High sensitivity:
Background noise is extremely reduced by SPFS localized and enhanced excitation technology and original blocking technology.
✅Wide dynamic range:
3D high-density antibody immobilization technology and high effective optical detection system enable to detection from extremely low concentration to the high concentration of the antigen.
✅Low affinity:
B/F separation of SPFS immunoassay is achieved enough for the minimum washing process since the SPFS excitation area is limited in sensor surface by localized enhanced excitation.

◆ Publication

  1. High-Sensitivity Immunoassay with Surface Plasmon Field-Enhanced Fluorescence Spectroscopy Using a Plastic Sensor Chip: Application to Quantitative Analysis of Total Prostate-Specific Antigen and GalNAcβ1−4GlcNAc-Linked Prostate-Specific Antigen for Prostate Cancer Diagnosis, T. Kaya et al., Anal. Chem. 2015, 87, 1797-1803
  2. Analytical validation of a highly sensitive point-of-care system for cardiac troponin I determination, M. Panteghini et al., Clin Chem Lab Med. 2019, cclm-2019-0801
  3. Clinical significance of the LacdiNAc‐glycosylated prostate specific antigen assay for prostate cancer detection, T. Yoneyama et al., Cancer Science. 2019;110:2573-2589.
  4. LacdiNAc-Glycosylated Prostate-specific Antigen Density is a Potential Biomarker of Prostate Cancer, T. Inoue et al., Clin Genitourin Cancer. 2019 Oct 17. pii: S1558-7673(19)30315-5
  5. Wisteria floribunda Agglutinin and Its Reactive-Glycan-Carrying Prostate-Specific Antigen as a Novel Diagnostic and Prognostic Marker of Prostate Cancer, K. Hagiwara et al., Int . J. Mol. Sci. 2017, 18(2), 261

Quanticell, SPFS, イメージングサービスに関するお問い合わせは こちらから

このページを共有する