Robotics BPO for Smart Work AI-OCR×クラウドRPAで実現する
大量の帳票処理からの解放

AI-OCR×クラウドRPAへのアウトソーシングで働き方改革を実現しませんか?

CONCEPT MOVIE Robotics BPO for Smart Workで
ワークスタイル変革をはじめませんか

帳票のスキャンから、AI-OCRによる帳票のデータ化、
そしてRPAによるシステム入力までの一連のサービスフローを動画でご紹介します。

PROBLEM 膨大な帳票などの書類。
データ入力にこんな課題を抱えていませんか?

従業員による
社内作業
  • 人的コスト
    がかかる
  • ヒューマンエラー
  • コア業務に
    注力できない
派遣スタッフによる社内作業
  • 人件費がかかる
  • ヒューマンエラー
  • 内部スタッフの確認が必要
アウトソーシングでの社外作業
  • 小ロットでは単価が高い
  • 納期が長い
  • 機密文書を出せない

SOLUTION Robotics BPO for Smart Workなら
AI-OCRとクラウドRPAを組み合わせた自動化技術で、
その課題を低コストで解決できます!

「Robotics BPO for Smart Work」の図

大量の帳票処理をAI-OCRとクラウドRPAに業務委託することで働き方改革しませんか

CASE STUDY Robotics BPOの導入で、月末に集中する経理作業を効率化。
作業工数の84%カットと人的コスト削減を実現

課題

  • 紙帳票をベースとしたチェック・修正処理を効率化したい
  • 請求処理など月末に集中する作業のための人的コストを抑えたい
  • 将来のビジネス規模拡大に備えて突合業務の効率化を行いたい

サプライヤーからの請求書突合業務に費やしている工数や人件費を見直したい

複数のサプライヤーから毎月大量の請求書が発行され、その9割近くが月次締め直前に到着するため、月末には統合基幹業務システムの仮仕訳情報との突合作業対応に追われることが多く困っていた。
経理部では、月末のこの作業に対応するために派遣スタッフを雇用しなければならず、人的リソースの削減も課題だった。

導入の効果

  • Robotics BPOの導入で請求書との突合の自動化を実現
  • 請求処理にかかっていた工数を84%削減
  • ビジネス規模拡大に呼応して増大する帳票処理にも高い効果の見込み

Robotics BPOの導入で請求書との突合の自動化を実現

月初1営業日目に、仕入実績を統合基幹業務システムにアップロードしつつ、サプライヤーから送られてきた請求書をスキャンし画像データ化を行う。
2営業日目以降はRobotics BPOのAIによる高精度OCRとRPAを使って、突合業務の自動化を実現することができた。

請求処理にかかっていた工数を84%削減

スキャンした請求書の企業名と請求金額をAIによる高精度OCRで読み取り、RPAでExcelに仕入れ先毎の請求合計金額を自動的に入力・集計を行うようにした。

さらに、集計されたデータの突合業務もRPAで自動化を行い、金額が異なる場合のみアラートを出し人による確認・修正を行うフローを実現した。

その結果、毎月かかっていた突合業務は、スキャンと確認・修正のみになり、84%もの工数削減につながった。

ビジネス規模拡大に呼応して増大する帳票処理にも高い効果の見込み

3年後にビジネス規模が3倍になり、帳票枚数もリニアに増大すると仮定すると、Robotics BPO導入による突合業務の効率化の効果がさらに発揮される。

Robotics BPOを導入しなかった場合、突合業務工数は単純に3倍膨らむが、Robotics BPOを導入することで「3倍のスキャン工数」と「精度向上によってさらに圧縮が見込まれる確認・修正工数」だけとなり、結果的に91%の工数削減が見込まれる。

Robotics BPO導入によって創出される時間をコア業務に充てることで、さらなるビジネス規模拡大を図ることが可能になる。

大量の帳票処理をAI-OCRとクラウドRPAに業務委託することで働き方改革しませんか

FAQ よくあるご質問

Robotics BPO for Smart Workを導入するにはコニカミノルタ製の複合機が必要ですか?

導入にあたっては紙やメールで届いた帳票データを指定のファイル形式に変換いただく必要がありますが、変換方法は問いませんので、既存の複合機やソフトウェアを活用した導入も可能です。まずは現在の状況をお聞かせください。お客さまの環境に合わせたご提案が可能です。

システム入替えなど導入時や運用に大きなコストが必要ですか?

Robotics BPO for Smart Workではクラウドを利用したサービス構成のため、一般的なBPOサービスやソフトウェア導入よりも初期コストを抑えた導入が可能です。クラウドアプリケーションとの連携や事前に必要な設定作業はコニカミノルタがサポートします。
また、ランニング費用も従量課金制のため業務量や予算にあわせてフレキシブルに利用することができます。

対象となる帳票はフォームに規定がありますか?

サービス対象の帳票フォームに規定はなく、すでにご利用中の帳票にあわせて対応することが可能です。ただし非定型な帳票など一部対応できなものもありますので、まずはお問い合わせください。また、品質向上のために帳票フォーマットのカスタマイズのご提案も承っております。

FLOW 導入までの流れ

STEP 1 資料請求お問い合わせ、STEP 2 現状ヒアリング、STEP 3 ご提案、TEP 4 ご契約、STEP 5 導入
STEP 1 資料請求お問い合わせ、STEP 2 現状ヒアリング、STEP 3 ご提案、STEP 4 ご契約、STEP 5 導入

大量の帳票処理をAI-OCRとクラウドRPAに業務委託することで働き方改革しませんか

このページを共有する