大会結果詳細

2018年5月19日(土)、20日(日)
東日本実業団陸上競技選手権大会

5月19日、20日に東日本実業団陸上競技選手権大会が開催され、宇賀地強、谷川智浩、西池和人、蜂須賀源、大山憲明、川端千都、ポール・クイラ、サムエル・ムワンギの8選手が出場しました。
19日は強風のためスローペースとなり、全体的にタイムは伸びませんでした。
1500mに出場の西池選手は3分45秒を目標に出場しましたが、ラスト1周で失速し目標に届きませんでした。
10000mに出場のクイラ選手とムワンギ選手は5000mで先頭集団から遅れ、課題が残るレース内容でした。
宇賀地選手は集団の中で落ち着いてレースを進め、日本人トップとなる8位入賞を果たしました。
蜂須賀選手は28分20秒を目指し果敢に勝負しましたが、強風に苦しみタイムが伸びませんでした。
川端選手は集団の後方で粘っていましたが、7000m以降失速しました。
1組に出場した谷川選手はスローペースのなか、ラスト1000mで仕掛け先頭に立ちましたが最後にかわされ、3位でゴールしました。
20日、3000mSCの大山選手は中盤以降も粘りの走りができ、目標としていた日本選手権参加標準記録を突破しました。
5000mに出場したクイラ選手は4000m以降のペースアップに対応できず、ムワンギ選手はレース中盤で転倒しそれぞれ目標を下回る結果でした。

これからも引き続き自己記録更新への挑戦を目指して頑張っていきますので、応援をよろしくお願いいたします。
詳細結果は以下のとおりです。

成績

1500m

順位 出場選手 記録
7位 西池 和人 3分54秒66

10000m 1・2組

順位 出場選手 記録
5位 ポール・クイラ 29分01秒34
6位 サムエル・ムワンギ 29分01秒82
8位 宇賀地 強 29分03秒80
9位 蜂須賀 源 29分11秒50
18位 川端 千都 29分53秒61
28位(1組・3位) 谷川 智浩 30分09秒28

3000mSC

順位 出場選手 記録
2位 大山 憲明 8分49秒22(自己新記録)

5000m

順位 出場選手 記録
9位 ポール・クイラ 13分42秒44
11位 サムエル・ムワンギ 13分47秒06

19日(土) 1500m、10000m

東日本実業団陸上競技選手権大会
東日本実業団陸上競技選手権大会
東日本実業団陸上競技選手権大会
東日本実業団陸上競技選手権大会
東日本実業団陸上競技選手権大会
東日本実業団陸上競技選手権大会
東日本実業団陸上競技選手権大会
東日本実業団陸上競技選手権大会
東日本実業団陸上競技選手権大会
東日本実業団陸上競技選手権大会
東日本実業団陸上競技選手権大会
東日本実業団陸上競技選手権大会
東日本実業団陸上競技選手権大会
東日本実業団陸上競技選手権大会
東日本実業団陸上競技選手権大会
東日本実業団陸上競技選手権大会 東日本実業団陸上競技選手権大会 東日本実業団陸上競技選手権大会 東日本実業団陸上競技選手権大会 東日本実業団陸上競技選手権大会 東日本実業団陸上競技選手権大会 東日本実業団陸上競技選手権大会 東日本実業団陸上競技選手権大会 東日本実業団陸上競技選手権大会 東日本実業団陸上競技選手権大会 東日本実業団陸上競技選手権大会 東日本実業団陸上競技選手権大会 東日本実業団陸上競技選手権大会 東日本実業団陸上競技選手権大会 東日本実業団陸上競技選手権大会

20日(日) 3000mSC、5000m

東日本実業団陸上競技選手権大会
東日本実業団陸上競技選手権大会
東日本実業団陸上競技選手権大会
東日本実業団陸上競技選手権大会
東日本実業団陸上競技選手権大会
東日本実業団陸上競技選手権大会
東日本実業団陸上競技選手権大会
東日本実業団陸上競技選手権大会 東日本実業団陸上競技選手権大会 東日本実業団陸上競技選手権大会 東日本実業団陸上競技選手権大会 東日本実業団陸上競技選手権大会 東日本実業団陸上競技選手権大会 東日本実業団陸上競技選手権大会

大会スケジュール

年代別大会結果一覧

このページを共有する

コニカミノルタから情報を受け取る