大会結果詳細

2018年7月14日(土)
ホクレン・ディスタンスチャレンジ 士別大会

7月14日にホクレン・ディスタンスチャレンジ 士別大会が開催され、西池和人、蜂須賀源、ドミニク・ランガットの3選手が出場しました。
5000mBに出場した西池選手は、3000mまでは目標記録の設定ペースで行きましたが、それ以降離されてしまい目標には届きませんでした。
5000mAに出場したランガット選手は、外国人グループのペースが遅く1600mまでは日本人グループの中盤に位置していました。その後、前に出てからもあまりペースが上がらず最後の1000mでスパートし、トップでゴールしました。
10000mAに出場した蜂須賀選手は、気温が高く蒸し暑く感じられ、設定のペースよりも少し遅くなっていました。5600m過ぎに先頭グループから離され大きくペースダウンしてしまい、目標を達成することができませんでした。
今回の反省点を今後の練習に反映していき、これから控えている大会で力が発揮できるよう頑張りますので、引き続き応援をよろしくお願いいたします。
詳細は下記の通りです。

成績

5000m A組

順位 出場選手 記録
1位 ドミニク・ランガット 13分34秒60

5000m B組

順位 出場選手 記録
5位 西池和人 14分03秒01

10000m A組

順位 出場選手 記録
4位 蜂須賀源 29分06秒58

大会スケジュール

年代別大会結果一覧

このページを共有する

コニカミノルタから情報を受け取る