大会結果詳細

2021年5月15日(土)、16日(日)
東日本実業団陸上競技選手権

5月15日、16日 東日本実業団陸上競技選手権が開催され、15日10000mに蜂須賀源選手、星岳選手が、16日5000m に大山憲明、米満怜、名取燎太、ドミニク・ランガットの4選手が出場しました。

10000m2組に出場した蜂須賀選手は、日本人集団の中でレースを進め中盤まで冷静に走れました。終盤のペース変動に対応出来ませんでしたが、上手くレースをまとめました。
星選手は、蜂須賀選手同様に中盤まで落ち着いた走りをしました。終盤のペース変動で遅れましたが最後まで粘り、日本人3位で6位入賞を果たし目標を達成しました。
5000m3組に出場した大山選手は、2500m以降レースが動いた際に反応出来ず、厳しい結果となりました。
名取選手は終始、落ち着いた走りでレースを進めました。終盤、他の選手のスパートへの対応が遅れ、やや離されましたが諦めずに前を追いかけ、ラスト300mで逆転。組トップでゴールしました。
5000m4組に出場した米満選手は前回のレース同様、上手く流れに合わせてレースを展開しました。最後の争いに敗れ惜しくも日本人トップは逃しましたが、自己ベストを更新しました。
ランガット選手は積極的にレースを進めましたが、他のケニア人選手達のペースアップに対応出来する事が出来ませんでした。

厳しい社会情勢が続きますが、その中で競技に取り組めている意味、意義を深く考え、選手達は成長を続けています。
今後もご声援の程、よろしくお願い致します。

詳細は以下の通りです。

成績

10000m 2組

順位 出場選手 記録
6位(総合6位) 星 岳 28分37秒27
9位(総合9位) 蜂須賀 源 28分51秒16

5000m 3組

順位 出場選手 記録
1位(総合13位) 名取燎太 13分49秒81
14位(総合43位) 大山憲明 14分13秒28

5000m 4組

順位 出場選手 記録
6位(総合6位) ドミニク・ランガット 13分40秒91
7位(総合7位) 米満 怜 13分41秒56(自己新記録)

15日(土) 10000m 2組

東日本実業団陸上競技選手権
東日本実業団陸上競技選手権
東日本実業団陸上競技選手権
東日本実業団陸上競技選手権
東日本実業団陸上競技選手権
東日本実業団陸上競技選手権
東日本実業団陸上競技選手権
東日本実業団陸上競技選手権 東日本実業団陸上競技選手権 東日本実業団陸上競技選手権 東日本実業団陸上競技選手権 東日本実業団陸上競技選手権 東日本実業団陸上競技選手権 東日本実業団陸上競技選手権

16日(日) 5000m 3組

東日本実業団陸上競技選手権
東日本実業団陸上競技選手権
東日本実業団陸上競技選手権
東日本実業団陸上競技選手権
東日本実業団陸上競技選手権
東日本実業団陸上競技選手権
東日本実業団陸上競技選手権
東日本実業団陸上競技選手権
東日本実業団陸上競技選手権
東日本実業団陸上競技選手権
東日本実業団陸上競技選手権 東日本実業団陸上競技選手権 東日本実業団陸上競技選手権 東日本実業団陸上競技選手権 東日本実業団陸上競技選手権 東日本実業団陸上競技選手権 東日本実業団陸上競技選手権 東日本実業団陸上競技選手権 東日本実業団陸上競技選手権 東日本実業団陸上競技選手権

16日(日) 5000m 4組

東日本実業団陸上競技選手権
東日本実業団陸上競技選手権
東日本実業団陸上競技選手権
東日本実業団陸上競技選手権
東日本実業団陸上競技選手権
東日本実業団陸上競技選手権
東日本実業団陸上競技選手権
東日本実業団陸上競技選手権 東日本実業団陸上競技選手権 東日本実業団陸上競技選手権 東日本実業団陸上競技選手権 東日本実業団陸上競技選手権 東日本実業団陸上競技選手権 東日本実業団陸上競技選手権

大会スケジュール

年代別大会結果一覧

このページを共有する

コニカミノルタから情報を受け取る