大会結果詳細

2019年11月3日(日)
第60回東日本実業団対抗駅伝競走大会

11月3日(日・祝)に埼玉県(埼玉県庁~熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)の全長76.9kmのコースで、東日本実業団対抗駅伝競走大会が開催され、実業団26チームが出場しました。

今年から新キャプテンとなった菊地賢人選手をエース区間の3区に起用し、ベテラン、中堅、若手を融合させたオーダーで臨みました。

1区は今季移籍をしてきた我那覇選手を起用。先頭集団でレースを進めましたがラスト1kmで遅れてしまい、トップと18秒差の14位で中継しました。
今年から区間変更に伴い、インターナショナル区間となった2区にはサムエル・ムワンギ選手を起用。トップと34秒差に広がりましたが、順位を8つ上げ6位で繋ぎました。
3区の菊地選手は各チームのエースが集まる中、区間2位の走りで順位を2位まで押し上げ、キャプテンとしてレースの流れを変える大きな役割を果たしました。
4区の蜂須賀選手は、菊地選手が作ってくれた良い流れのまま、後半の勝負所でスパートをかけトップに立ち、2位に10秒差をつけて5区へ中継しました。
5区山本選手は9月に行われたMGCの影響で十分な準備ができていませんでしたが、スタートから果敢に攻め、区間新記録の走りで後続に38秒の差をつけ襷をつなぎました。
6区は実業団駅伝デビューとなった大山選手。先輩たちが作ってくれた流れに乗り、落ち着いた走りでトップのままアンカーの野口選手へ。
7区の野口選手は気を緩めることなく序盤で後続を引き離し、2位Hondaに38秒差をつけ優勝のゴールテープを切りました。

今回は出場した7名だけではなく補欠にまわった選手も、東日本実業団駅伝に向けてしっかりと準備することができ、チーム一丸となって戦えた結果、5年ぶりの優勝を果たすことができました。
この勢いを維持し、ニューイヤー駅伝に向けて更なる努力をして優勝を目指していきますので、引き続き応援をよろしくお願いいたします。

詳細は以下の通りです。

成績

総合

順位 出場チーム 記録
1位 コニカミノルタ 3時間41分52秒

個人成績

区間(キロ) 出場選手 記録 総合順位(区間順位)
1区(11.6k) 我那覇 和真 33分45秒 14位(14位)
2区( 8.0k) サムエル・ムワンギ 22分29秒 6位(5位)
3区(16.5k) 菊地 賢人 48分00秒 2位(2位)
4区( 9.5k) 蜂須賀 源 27分45秒 1位(5位)
5区( 7.8k) 山本 浩之 22分09秒 1位(1位 ※区間新 )
6区(10.6k) 大山 憲明 30分01秒 1位(2位)
7区(12.9k) 野口 拓也 37分43秒 1位(2位)
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会
第60回 東日本実業団対抗駅伝競走大会

大会スケジュール

年代別大会結果一覧

このページを共有する

コニカミノルタから情報を受け取る