事業内容

お取り扱い製品

コニカミノルタサプライズでは複合機、フルカラーデジタル印刷システム、レーザープリンターに使われる「トナー」「感光体」 「インク」を製造しております。

デジタルトナー

小径(数マイクロメートル)で形状、内部構造が均一なため、微細な線や小さな文字、写真やイラストのハーフトーンをより鮮明に再現できます。

感光体ドラム

複合機やデジタル印刷機内部にある光を電荷に変換する重要な機能部材です。硬く高密度なオーバーコート層により耐久性を飛躍的に高めました。

UVインク

光硬化することでオフセット用紙を含めた幅広い基材に前処理なく印刷可能です。また独自技術により自然な光沢を実現します。

コア技術

コニカミノルタサプライズでは「トナー」「感光体」 「インク」の製造を通じて長年培ってきた「微粒子製造技術」「充填技術」「薄膜塗布技術」「表面加工技術」「粒子分散技術」等のコア技術を保有しています。

微粒子製造技術

小径(数マイクロメートル)で形状が均一な微粒子を製造する技術です。複数のプロセスを組み合わせることで粒子の内側が柔らかく、外側が硬い「コアシェル構造」などの内部構造を制御できます。

充填技術

粉体及び液体を瞬時に容器へ充填する技術です。特に粉体の場合は空気をまき込むことなく高密度に充填できます。

薄膜塗布技術

必要な機能を有した数百ナノメートルから数十マイクロメータの極めて薄い膜を均一に重ね塗り(積層)する技術です。

表面加工技術

アルミパイプ表面を決められた粗さに均一に切削する技術です。生産性を上げるためにより高速回転での切削を可能にしました。

粒子分散技術

水あるいは有機溶媒中で顔料、酸化物等の粒子を数十ナノメートルサイズまで均一分散する技術です。

プラント技術

自動化設備を軸とした製造ラインを、デジタルマニュファクチャリングを活用した精密な工程制御により、モニター監視業務を中心とした少人数体制にて24時間連続操業を実現しています。

自動化技術

原材料の投入から、製品の完成まで、ほぼ人の手を介すことなく作り上げることが可能な製造ラインです。各種生産データも自動で収集することができます。

プラント運用と設備保全

「自分たちの設備は自分たちで守る」との考えから日常点検、給油・部品交換、異常の早期発見と各設備の機能を最大限に発揮できる様に計画的な保全活動の両輪でプラントを維持しています。

安全対策

各工程には最新鋭のAIカメラを設置し、工程での異常や危険を速やかに察知し対応しています。

生産革新

コニカミノルタサプライズでは生産革新のため、全員参加のTPM(Total Productive Maintenance)を基盤にTQM(Total Quality Maintenance)、ISO(International Organization for Standardization)を融合させた活動を展開しています。

TPM

人と設備の体質改善から儲ける企業体質づくり(災害ゼロ・品質不良ゼロ・設備故障ゼロ)を全員参加で推進しています。

プロセス改善

全てにQC手法を活用し、物の品質・業務の品質改善を推進しています。

人材育成

従業員一人ひとりのやる気・やる腕のある自律型人間の育成が、全社活動の基盤となっています。

環境対策

コニカミノルタサプライズは、環境トップランナーを目指す企業として、環境課題に積極的に取り組んでいます。

カーボンマイナス

現場での生産性向上により、CO2及び揮発性有機化合物の排出量削減を図っています。

省資源

再生材の利用、廃棄物の削減により、資源循環に取り組んでいます。

社会貢献

余剰電力を地域電力へ還元する活動への参画、調達先と協力・連携した省エネ改善等、環境活動を通じて広く社会に貢献することを目指しています。

このページを共有する