陸上競技の見どころ

コニカミノルタの戦うフィールド!
「駅伝」「マラソン」「トラック競技」
コニカミノルタが挑む「長距離走」の見どころを
3つの切り口からご紹介します。

マラソン(フル/ハーフ/30km)の見どころ

陸上競技になじみが薄くても、マラソンだけは注目してしまう人も多いのではないだろうか。とくに42.195kmという途方もない距離を走り抜くフルマラソンのランナーは観る者に畏敬の念すら抱かせる。

ここ数年フルマラソンは急速に変貌を遂げている。持久力に加えてスピード面でも高いレベルが要求されるようになっているからだ。男子フルマラソンの世界記録は2時間2分57秒。これは100mあたり17秒台という驚異的な速さである。これからマラソンで世界を目指すためにはスピードは必須と言えよう。

そこで俄然注目が集まるのが、フルマラソンの半分の距離を走るハーフマラソンや、フルとハーフの中間的な存在と言える30kmマラソンである。仮に世界のトップクラスに対抗するのであれば、ハーフや30kmを戦いつつ持久力とスピードを磨くことは大きな意味をもつ。

「世界に通用するランナーの育成」をテーマとするコニカミノルタもマラソンの強化に着手しており、東京マラソンなどのビッグレースに選手を送り込んでいる。

男子マラソンで世界の頂点を極めるランナーの出現を期待しつつ、長丁場のレースを堪能したい。

このページを共有する

コニカミノルタから情報を受け取る