【登壇レポート】特別養護老人ホーム千松の郷様が滋賀県老人福祉施設研究協議大会にて事例発表されました

2022年11月15日にオンライン開催されました第12回滋賀県老人福祉施設研究協議大会にて、HitomeQ導入施設の社会福祉法人日野友愛会 特別養護老人ホーム千松の郷 法人理事 奥田さまが「HitomeQ開始 ~ICT導入とスタッフの意識改革~」を発表されました。

発表では、ICT導入に伴い取り組んだ「業務の負担軽減」・「職員の離職予防」から「技能実習生のコミュニケーションフォロー」や「スタッフ様の能力格差の解消」といった課題をHitomeQの導入によってどのように解決したのか、を中心に語られました。
導入の効果では、映像を使った対策の変化により転倒件数が減少したことや、通知件数などのデータを把握することでスタッフ様の意識が変化してきていることなどを挙げられていました。

最後にICT導入・運用のコツとして、設備の導入よりも運用意識を高めること、スタッフ様の導入意識やWi-Fi環境といったソフト・ハード両面での事前の準備、導入後の目指す姿を明確化することなどをメッセージとされていました。

今後もさらなる特別養護老人ホーム千松の郷さまの発展に向けて、精一杯サポートさせていただきます。

社会福祉法人日野友愛会 特別養護老人ホーム千松の郷さま
滋賀県彦根市松原町520-1
公式HP http://senshonosato.com/ 

発表の内容は一部こちらの事例でもご紹介しております。ぜひこちらもご覧ください!
千松の郷様の導入事例はこちら 

HitomeQ ケアサポートに関するお問い合わせ

各種お問い合わせ、ショールームの見学、カタログのダウンロードをお申し込みいただけます。

土・日・祝前後、年末年始等の期間は、回答までにお時間をいただく場合がございますので、あらかじめご了承ください

このページを共有する