HitomeQ ケアサポート

お部屋の行動分析センサーとスマートフォンを軸に介護現場の業務負担削減・ケア品質向上を実現します。

HitomeQ ケアサポートとは?

“スタッフ様が利用者様に寄り添う本来の時間を取り戻したい”この思いをカタチにするため、コニカミノルタは介護現場を画像センシング技術で支えます。
HitomeQ ケアサポートは、お部屋の天井に取り付けた行動分析センサーが利用者様の動きを分析し、スマートフォンに映像で通知。
ケアコールや利用者様の行動起点による通知でスタッフ様の訪室の負担を削減できるだけでなく、利用者様のプライバシーも守ります。
また手元のスマートフォンから即時に記録の入力やスタッフ様間での情報連携ができ、バックヤード業務の負担も削減します。

導入後もHitomeQ ケアサポートから取得したデータを活用して施設の課題に合わせたさらなる業務負担の削減・ケア品質の向上をサポートしていきます。

トライアルサービス1カ月無料体験

介護現場のよくある課題

居室内の物音やマットセンサーの通知音でスタッフ様が現場を走り回っている

ケアの合間に取ったメモから書類への転記作業が発生するなど記録業務が負担となっている

間接業務に時間を取られてスタッフ様同士のコミュニケーションをとる時間がない

居室内での転倒事故が発生した際、原因がわからず再発防止策を立てることができない

HitomeQ ケアサポートで変わる現場

お部屋の天井に取り付けた行動分析センサーとスマートフォンを軸に介護現場の働き方を変えていきます

1利用者の行動を起点に行動、2映像通知で見てかけつけ

”見てかけつけ”

居室の天井に取り付けたセンサーで利用者様の行動を分析。 起床/離床/転倒・転落などの注意行動を認識すると、スマートフォンへ映像と共に通知します。
ケアコールや利用者様の行動を起点に、居室の状況を手元で確認できるため、急いで訪室、準備してから訪室、お声がけのみで訪室しないといった判断が可能です。

1転倒事故が発生、2通知を確認、3映像記録で再発防止

転倒動画のエビデンス

行動分析センサーが転倒・転落を認識すると前後1分間を自動で録画。転倒・転落の発生状況が正確に把握でき、医師への説明、報告書作成やご家族様への連絡に活用することが出来ます。 また転倒動画から原因を分析、再発防止策に役立てることが出来ます。

1日々のケア、2合同に記録、3情報を連携

記録の効率化

スマートフォンからその場でケア記録や申し送り、連絡事項等を入力し、他のスタッフ様へリアルタイムに共有できます。情報伝達のために他のスタッフ様を探し回る時間や、連絡の遅れによる行き違い、転記ミスを削減します。

施設の運用を支えるサクセスサポート

私たちは介護現場の働き方を変えていくうえで、現場の納得感を大切にしています。
HitomeQ ケアサポートでは、施設サポートを行う全プロスタッフが介護初任者研修を受講、またスマート介護士を取得。オンラインなども活用しながら、導入前から導入後まで現場への定着・活用に向けてサポートいたします。

スマート介護士は「サンタフェ総合研究所」が提供するICT活用介護資格です。

運用サポートについて

スタッフ様とのワークショップを行い、目指す介護・施設の将来像から施設の課題に合わせたHitomeQ ケアサポートの活用方法を共に考えます。
その後、早期の定着に向け専門トレーナーとトレーニングを実施。スタッフ様一人ひとりに寄り添い、使い始めの不安を解消します。

アフターサポートについて

導入後のアフターサポートでは、現場スタッフ様の気づきに加え、HitomeQ ケアサポートから得られるデータや他施設の事例を活用し、
さらなる業務の効率化・ケア品質の向上をサポートしていきます。

保守サポートについて

24時間365日、お電話にてHitomeQ ケアサポートに関するすべてのお問い合わせ(使い方のご質問・依頼事項など)を承っており、
2021年5月からはLINEWORKSを使ったオンラインでのお問い合わせ・サポート体制も整えております。
また、安定稼働のためサポートセンターから遠隔で常時システム監視を行い、お客様が故障に気づく前にお知らせ・復旧対応を行い、
定期的な現場点検も行っております。

導入施設様のお声

HitomeQ ケアサポートは多くの介護施設様にご導入いただいたおります!株式会社サンケイビルウェルケア、シャイ福祉法人弥勒会、福寿園グループ、EIJINKAI、社会福祉法人東京武尊会、EIJINKAI※掲載は一部の施設様です。

HitomeQ ケアサポートをご導入の施設さまのお声を一部ご紹介します

社会福祉法人さくら会
要介護者向け高齢者住宅 ケアホーム西五反田様(81床導入)

当施設では、従来のケアコール設備の経年劣化とスタッフの人員不足が課題でした。 15年経過したケアコールは、遅延・渋滞が発生して利用者様への対応が遅れ、利用者様へ負担をかけてしまうこともしばしば。また職員不足解消に向け就労環境の改善を図るプロジェクトも開始したこともあり、スタッフの業務効率化とケアの品質向上の両立ができるHitomeQ ケアサポートの導入を決めました。

「受け身」のケアから「能動的」なケアへ

HitomeQ ケアサポートを導入したことで複数のコールが鳴ったときも、同時に映像を見て、優先順位をつけて訪室することが出来るようになりました。
今まではコールが重なった際、今までは「ちょっと待って」としか伝えられませんでしたが、映像から介助の予測を行い、どの程度待っていただけばよいかお伝えできるようになり、利用者様の安心感にも繋がっていると感じています。とにかくコールが鳴ったら駆け付けていたフローから効率的に訪室対応ができるようになったことで、スタッフの平均歩数も50%の削減効果がありました。続きはこちら

社会福祉法人東京武尊会
特別養護老人ホーム 東京令和館中野様(139床導入)

HitomeQの魅力は、スタッフの業務効率化とケア品質の向上を両立出来ることです。 同法人の他施設ではシルエットセンサーなどだったので、 HitomeQの ”映像が鮮明に見られる” という点が非常に新しく感じたのを覚えています。他社のベッドセンサーとも比較しましたが、スタッフの効率化に繋げるのは正直難しいと思いました。その点HitomeQは、映像が見られることで入居者様の状態を把握するだけでなくスタッフの負担削減に繋げられます。これなら両立が可能だと思いました。映像が見られるのは入居者様の行動があった通知の時だけなので、プライバシーに最大限配慮できることも大切なポイントです。

管理・運用に必要不可欠な保守・サポートが心強い

こういったシステム運用で不安になる点として保守・サポートが挙げられると思いますが、これが正直なところ想定以上によかったです。 導入から1年が経ちますが、こちらが気づく前に「○○号室のケアコールに不具合が起きてます」などサポートのほうから電話をもらえるのでその点は助かっています。もし何か不具合があったときは、ケアコールも見守りもスマートフォンも一括でコニカさんに連絡すればよいので、そういった面でもスタッフの負担が少なく、とても助かっています。続きはこちら

施設の運用に合わせたプラン

サブスクリプションプラン

施設の課題に合わせて導入規模・メニューが選べて、初期投資不要の月額プランが新登場!

こんな方におすすめ

  • 1フロアから小さく始めてみたい
  • 段階的に活用を広げていきたい
  • 初期投資をおさえたい

詳細はこちら

購入プラン

施設全体で新しい介護現場の働き方へと業務を変革。手厚いサポートのもと、施設一体でケア品質向上・業務効率化に取り組むことが出来ます。

こんな方におすすめ

  • 新設予定
  • ナースコールを置き換えたい
  • 自治体からの補助金が手厚い
  • リースや割賦を考えている

詳細はこちら

HitomeQブランドについて

デジタルの力により急速に進化し、全ての人とモノがIoTでつながる新しい社会では、ロボットやAIが自動化・効率化や最適な情報提供を行う一方、人は、人にしかできないコトを担うはずです。
そんな新しい社会の中で、進化し続けるテクノロジーと共に、人が人を想い、人が人を支え、その一人ひとりが主人公となり輝ける世界を創りたい。私たちがHitomeQに込めた想いをご紹介します。

資料も無料体験も、ぜひお試しください

その他、HitomeQ ケアサポートに関するお問合せはこちら

このページを共有する