知的財産権の紹介

HitomeQの知的財産活動

コニカミノルタでは、CVP(顧客に提供する価値)を保護するための知的財産活動を積極的に取り組んでおります。
この取り組みの一つとして、介護業務の労働生産性を向上し、介護の品質を高めるというHitomeQ ケアサポートのCVPの実現に必要な下記の3つのコンセプトを保護するための特許出願、権利化活動を行っております。

CVP…Customer Value Proposition

累積登録特許(日本)の推移

◆ケア判断支援

  • 入居者様の行動を分析
  • 注意行動を認識すると通知

◆情報連携支援

  • その場でケア記録/即時共有
  • スマートフォンを用いた情報伝達

◆状況把握支援

  • 入居者様の状況を一括把握
  • 転倒・転落時の映像確認

その結果、右上図の累積登録特許の推移や右図のパテントスコアマップに示される通り、上記コンセプトを保護するために必要な多数の質の高い特許群が構築されています。
これらの知的財産が有益な経営資源であるとの認識のもと、積極的に活用し、HitomeQ ケアサポートの顧客価値の提供に繋げてまいります。

「介護・在宅の見守り」に関する日本特許(公開+特許)スコアマップ
※株式会社パテント・リザルト「Biz Cruncher」を用いて当社作成

このページを共有する