詳しい沿革

1873年 明治6年

杉浦六三郎、東京麹町の小西屋六兵衛店で写真および石版材料の取り扱い開始。
(後のコニカ株式会社の創業)

米穀商から商いをはじめた小西屋は、東京でも有数の大商店でした。6代目の六右衛門は25歳の時に写真館で撮影した写真に感動し、写真材料の取り扱いをはじめます。その後家業から独立、日本橋に写真材料と薬種を取り扱う「小西本店」を開業しました。

※ 杉浦六三郎は幼名であり、後に杉浦六右衛門と名を改める。

1903年 明治36年

国産初のブランド付カメラ『チェリー手提用暗函』(写真)および、国産初の印画紙『さくら白金タイプ紙』発売

六右衛門は前年の1902年に新宿に六桜社(後に淀橋工場と改称)設立。感光材料の開発と製造を開始していました。『チェリー手提用暗函』には6枚の乾板(57×83mm)が装填可能で、2円30銭と当時のカメラとしては手頃な価格で販売されました。それまで写真館の経営者ら一部の間でしか入手できなかったカメラでしたが、これ以降、一般の人の手に少し近づいていきます。

1923年 大正12年

小西写真専門学校設立(現・東京工芸大学)

1923年、六右衞門の遺言をうけて写真技術と芸術の人材育成のための写真学校が設立されました。その後、東京工芸大学と名を変えたこの学校からは、多くの写真家が輩出され、現在にいたっています。

1928年 昭和3年

田嶋一雄、「日独写真機商店」(後のミノルタ株式会社)を創業、国産カメラの製造に着手。
翌年、一号機『ニフカレッテ』発売

ミノルタは、1928年11月11日、現在の西宮市武庫川河畔に最初の工場を開きました。大学卒業後、東京の広告代理店に勤めていた田嶋が関東大震災をうけて帰郷。欧州訪問の際に光学機器の将来性に着目し、帰国後に会社を設立したものです。当時の生産体制では下請け工場などはなく、ドイツから呼び寄せた技術者たちの指導のもと、小さな部品の1つ1つにいたるまで、自社生産が行われていました。

1933年 昭和8年

自社開発・生産の『さくらレントゲンフィルム』発売

1936年 昭和11年

組織を株式会社に改め、株式会社小西六本店(後のコニカ株式会社)を設立

1940年 昭和15年

国産初のカラーフィルム『さくら天然色フィルム』発表、翌年発売

1929年にコニカ(当時、合資会社小西六本店)初の自社生産フィルム、『さくらフヰルム』を発売してから11年後。粘り強く技術改良を重ね、ついにたどりついた待望の国産カラーフィルムでした。

1951年 昭和26年

日本初のCMソングを中部日本放送(CBC)、新日本放送(NJB)で流す

民間放送がスタートしたのが1951年9月1日。コニカ(当時、小西六写真工業株式会社)は、民放第一声で新番組をはじめたいという想いから30分の番組枠を購入。人気作詞・作曲家の三木鶏郎先生に委嘱しました。これに対して三木先生は、NHKではできないものは何かと考え、コマーシャルソングを提案。あえて、会社名や製品名を出さない日本で初めてのCMソング「ボクはアマチュアカメラマン」が誕生したのです。初めての放送は9月7日のことでした。

1956年 昭和31年

米国・フィラデルフィア市に初の米国拠点を設立

コニカ(当時、小西六写真工業株式会社)は、1952年、米国・フィラデルフィア市に代理店コニカ・カメラ・カンパニーを設立、製品の流通体制を整えました。さらに米国内での輸入業務とアフターサービス体制の整備のため、1956年9月、同市に現地法人コニフォト・コーポレーションを設立しました。

1957年 昭和32年

プラネタリウム一号機完成。翌年、阪神パークの科学博出品初公開

創業者の田嶋一雄がもともと星好きだったこともあり、ミノルタ(当時・千代田光学精工)は戦後、街の発明家・信岡正典氏らの協力を得てプラネタリウム開発を続けていました。 これが実を結び、1957年に一号機完成、翌年、兵庫県の遊園地・阪神パークで開催された科学大博覧会で公開実演され、話題を呼びました。