沿革

Since 1873:コニカ

1873年

杉浦六三郎、東京麹町の小西屋六兵衛店で写真および石版材料の取り扱い開始(後のコニカ株式会社の創業)

1903年

国産初のブランド付カメラ「チェリー手提用暗函」発売

1933年

自社開発・生産の「さくらレントゲンフィルム」発売

1940年

国産初のカラーフィルム「さくら天然色フィルム」発表

1971年

国産技術による最初の間接乾式電子写真複写機「U-Bix(ユービックス) 480」発売

1975年

世界初の連動ストロボ内蔵35mmカメラ「C35EF(ピッカリコニカ)」発売

1977年

世界初の自動焦点カメラ「C35AF(ジャスピンコニカ)」発売

1984年

コンパクトディスク用超高精度非球面プラスチックレンズを開発

2000年

液晶偏光板用TACフィルム事業の本格展開開始

Since 1928:ミノルタ

1928年

田嶋一雄、「日独写真機商店」(後のミノルタ株式会社)を創業。国産カメラの製造に着手、翌年、一号機「ニフカレッテ」発売

1957年

プラネタリウム一号機完成、翌年、阪神パークの科学博出品初公開

1960年

複写機一号機「ミノルタコピーマスター」(湿式ジアゾ複写機)完成

1962年

米国最初の人間衛星船フレンドシップ7号に「ミノルタハイマチック」が搭載。その後、アポロ8号・10号・ 11号には露出計「スペースメーター」が搭載

1968年

テレビ色彩調整分析器「TVカラーアナライザ」発売

1977年

世界初の指先測定型パルスオキシメーター「OXIMET MET-1471」発売

1983年

世界初、倍率が無段階に選べるズーム複写機「EP450Z」発売

1985年

本格的なオートフォーカス機能を備えた一眼レフカメラ「α-7000」発売

1990年

デジタルフルカラー複写機「CF70」発売

Since 2003:コニカミノルタ

2003年

コニカとミノルタが経営統合、「コニカミノルタホールディングス株式会社」誕生

2004年

次世代インクジェットテキスタイルプリンター「Nassenger(ナッセンジャー) V」発売

2007年

フォト・カメラ事業を終了

2010年

デジタル印刷システム「bizhub(ビズハブ) PRESS C8000」発売

2011年

カセッテ型デジタルX線撮影装置「AeroDR(エアロディーアール)」発売

世界初のリン光発光材料のみ使用の有機EL照明パネルを発売

2013年

経営体制を再編し、社名を「コニカミノルタ株式会社」に変更

2016年

B2インクジェットデジタル印刷機「AccurioJet(アキュリオ ジェット) KM-1」発売

2018年

個別化医療分野の新会社「Konica Minolta Precision Medicine, Inc.」設立