沿革

1873年 杉浦六三郎、「小西屋六兵衛店」で写真および石版材料の取り扱い開始
(後のコニカ株式会社の創業)
1903年 国産初のブランド付カメラ「チェリー手提用暗函」発売
1928年 田嶋一雄、「日独写真機商店」(後のミノルタ株式会社)を創業
1933年 自社開発・生産の『さくらレントゲンフィルム』発売
1940年 国産初のカラーフィルム「さくら天然色フィルム」発表
1957年 プラネタリウム一号機完成
1960年 複写機一号機「コピーマスター」完成
1975年 世界初の連動ストロボ内蔵35mmカメラ「C35EF(ピッカリコニカ)」発売
1977年 世界初の指先測定型パルスオキシメーター「OXIMET MET-1471」発売
世界初の自動焦点カメラ「C35AF(ジャスピンコニカ)」発売
1983年 世界初、倍率が無段階に選べる “ズーム複写機” 「EP450Z」発売
1984年 コンパクトディスク用超高精度非球面プラスチックレンズを開発
1985年 本格的なオートフォーカス機能を備えた一眼レフカメラ「α-7000」発売
1987年 簡易色校正システム「Konsensus」発売
1989年 医療用画像出力システム「レーザーイメージャーLi-10」発売
1990年 モノクロレーザープリンター「SP101」発売
デジタルフルカラー複写機「CF70」発売
2000年 液晶偏光板用TACフィルム事業の本格展開開始
「重合法トナー」の製造・販売を行う合弁会社、「株式会社コニカミノルタサプライズ」発足
2003年 コニカとミノルタが統合、「コニカミノルタホールディングス株式会社」誕生
2004年 直営プラネタリウム館「サンシャインスターライトドーム “満天” 」オープン
次世代インクジェットテキスタイルプリンター「Nassenger V」発売
2005年 世界初の位相コントラストマンモグラフィー「Mermaid」発売
2007年 フォト・カメラ事業を終了
プロダクションプリント市場向けプレゼンテーションスペース「デジタルイメージングスクエア」初開設
2010年 デジタル印刷システム「bizhub PRESS C8000」発売
2011年 カセッテ型デジタルX線撮影装置「AeroDR」発売
世界初のりん光発光材料のみを使用した有機EL照明パネルを発売
2012年 「コニカミノルタプラネタリウム “天空” in東京スカイツリータウン®」オープン
2013年 経営体制を再編し、社名を「コニカミノルタ株式会社」に変更
パナソニックヘルスケアと超音波診断機器関連事業に関する事業譲受契約を締結