2022年度 デザイン賞受賞製品

グッドデザイン賞 受賞製品

高速デジタルラベル印刷機
「AccurioLabel 400」

印刷工程の自動化でオペレーションを効率化

【審査委員の評価コメント】

商業用印刷機のフラグシップモデルのデザインを踏襲することで、前機種から印刷クオリティーへの大幅な期待と絶対的な信頼性を打ち出した。操作の自動化等で専門スキルを必要としないアクセシビリティに長けたすばらしい製品に仕上がっている。両サイドに配置された大きなラベル収納部は、従来の収納型から大幅に変わりダイナミックな外へのせり出しにより、産業機器等では表現の難しい軽快な印象を創る事に成功している。機器の価格を抑えながら白色での印刷を実現させ、表現の幅を大きく変える進化を弛みなく行う姿勢にも敬意を示したい。

製品情報

ワイヤレスデジタルラジオグラフィシステム
「AeroDR swift」

ハンドリング性向上で医療従事者の負担軽減に貢献

【審査委員の評価コメント】

中が精密機器であるDRカセッテは一刻を争う医療の現場で荒く使われるリスクがある道具。全周に回った指かけの溝は、取り回しや落下防止に効果的で、作業者の精神的ストレスと肉体的負荷を軽減し作業効率を上げることにも貢献する。抗菌剤を練り込んだ素材の外装は、手から伝わる感触においても視覚的にも高い質感があり、モノとしての魅力を醸し出している。

製品情報

プラネタリウムドームシアター
「満天NAGOYA」「プラネタリアYOKOHAMA」

日本初のLEDドームシステム「DYNAVISION®-LED」を導入

【審査委員の評価コメント】

ドームに投影する映像表現はこれまでにもあったが、自発光する高輝度LEDという最新のテクノロジーを使うことで、これまでにない没入感を得られる体験を生み出している。またその映像のクオリティの高さゆえ、SNSで客にその映像を発信してもらう仕掛けを作品のなかに盛り込むという演出も可能に。技術革新によって、エンターテインメントの手法が日々刷新されているが、その好例として評価。

製品情報

ハンディ型 ガス漏えい検査システム

ガス漏えいを見える化しプラントの安定操業に貢献

【審査委員の評価コメント】

本製品の対象となるガスプラントなどのインフラ設備では、少子高齢化なども伴い、今後継続的なメンテナンスが社会的な課題になると考えられる。本製品は人間の目には見えないガスを可視化するテクノロジーを、持ち運びできるカメラ型のデバイスとしてデザインしている。それによって、さまざまな現場で利用でき、またカメラを通して実際の設備の映像に見えないガスを定量データと共に重畳表示でき、クラウド連携なども含めて熟練を要せず直感的で精度の高い検査を可能にしている。

製品情報

このページを共有する