防災教育へのプラネタリウム映像技術活用

■対象部門:教育委員会、防災危機管理

リアルな災害の疑似体験を通じて「自分ごと」として防災を考える機会を提供する

超高臨場感映像システムにて、通常映像よりリアルな災害の疑似体験を提供。
コンテンツの提供により、既設のプラネタリウムドームの利活用の促進を支援。
※中核市の例 防災教育にかかる時間:約10,000h/年

課題:住民への防災教育が困難。防災教育の効果が可視化できない。プラネタ事業への集客率が低い。
課題に対する先進デジタル技術の図:地域全体への災害、防災に関する関心の高まりに寄与する。

このページを共有する