教育関連業務への学習支援クラウドサービス活用

■対象部門:教育委員会(応用活用想定部門:子育て支援)

子どもたちの学び方改革と先生方の働き方改革を、ペーパーレス化と教育データの活用で支援する

学習支援サービス:一つのアプリで安全に、だれでも簡単操作。
学びの分析サービス:学習履歴分析して、教育データによるEBPM*1を促進。授業をAIで分析・定量データ化し、若手教員の育成を支援。
*1:EBPM(Evidence Based Policy Making)「証拠に基づく政策立案」

課題:欠席連絡などの連絡対応に時間を取られる。高機能で複雑な学習支援システムは利用率が低い。ベテラン教員の授業力や指導技術を若手教員へ効率的かつ効果的に継承することが難しい。
課題に対する先進デジタル技術の図:データ解析により今まで見えていなかった子どもたちの特性に合わせた学びを提供し、より質の高い教育を実現する。

このページを共有する