Sport in Life

スポーツ庁は、スポーツを行うことが生活習慣の一部となる、そのような姿を目指し、一人でも多くの方がスポーツに親しむ社会(スポーツ参画人口の拡大)の実現のため、「Sport in Life プロジェクト」を推進しています。これに賛同する団体は、「Sport in Life」のロゴマークのもとで2020東京大会のレガシーとしてスポーツ参画人口拡大の取組をオールジャパンで促進します。
コニカミノルタは、この趣旨に賛同し、スポーツ実施率の向上に向けた取組を下記の通り宣言いたします。

【 コニカミノルタの宣言 】

私たちは、「コニカミノルタ陸上競技部」が長年培ってきた走りのノウハウや走る喜びを「ランニングクリニック」や「ジョギング教室」といった独自の取り組みを通して、ビギナーや本格的なランナーに至るまで、地域社会の皆様との交流を促進し、スポーツ振興に貢献し続ける事を宣言します。

【 活動内容 】

コニカミノルタの陸上競技部には、駅伝、マラソン、トラック競技といった長距離走の有力選手が所属しています。この陸上競技部監修によるコニカミノルタメソッドで、走ることの楽しさ、目標へのチャレンジをサポートする活動を行っています。

1.ランニングプロジェクト

コニカミノルタ ランニングプロジェクト(通称:ランプロ)は、ジョギングをはじめたばかりの初心者から記録の更新を狙う本格的なランナーまで、走ることを愛するすべての人をサポートしています。

1) Web、Facebookによる情報配信

ランニングに携わる多くの人がコミュニケーションできる場としてFacebook上で「ランプロ部」を2012年に立ち上げ、トレーニング方法などのランニングに関する情報提供を行っています。

2) ランニングクリニック

年に3~4回、「ランニングクリニック」を日本各地で実施しています。コニカミノルタ陸上競技部の現役選手やコーチ達が参加者に直接コーチを行い、ワンランクアップの走りを体感してもらうとともに、仲間と一緒に走る喜びの場を提供しています。

3) ランプロガールを通じた情報発信

一般ランナーから「ランプロガール」を募集し、コニカミノルタ陸上競技部がフルマラソンへの参加までトレーニングをサポートします。この姿をFacebookで紹介することで、走る喜びを共有し、一般ランナーにトレーニングに励む活力を与えています。

2.地域交流「ジョギング教室」

コニカミノルタ陸上競技部の本拠地である東京都八王子市と日野市で、小学生から大人までグループ毎に分かれたレッスンを、選手とコーチ全員参加で開催しています。そのほかにも、八王子市では、週に2回、学生に指導を行っています。

コニカミノルタは、今後も"走る"ことを通じて、多くの人たちに走る楽しさ、夢、感動を提供するとともに、スポーツ振興と地域交流を目的とした社会貢献活動を行ってまいります。

◆「Sport in Life プロジェクト」について

スポーツ庁が主催する、第2期スポーツ基本計画に掲げられているスポーツ実施率65%の達成(新たに1,000万人以上のスポーツ人口の拡大)に向けて、「一人ひとりの生活の中に自然とスポーツが取り込まれる姿(Sport in Life)」を目指し、関係機関等が一体となり、東京2020年大会のレガシーとして国民のスポーツ参画を促進するプロジェクト。

このページを共有する

コニカミノルタから情報を受け取る