陸上競技部に入部した新人3名の素顔に迫ります!

2022年4月、コニカミノルタ陸上競技部に3名の新入部員が加わりました。今回インタビューに答えてくれたのは、優しそうな雰囲気と笑顔が印象的な宮下隼人選手。入部してからの変化や陸上競技への向き合い方が見えてきました。

環境の変化が良い刺激に

- 春からコニカミノルタ陸上競技部の一員となりましたね。実際に入部してみてどんな印象ですか?

宮下:平均年齢が低くて、スタッフの方々も比較的若い人が多いという印象です。悪く言えば経験がないと見られるかもしれないですけれど、逆に言えば何か新しいことにチャレンジしようと意識が高かったり、年齢が近い分、その中でのコミュニケーションがものすごい活発なチームだと思います。

- チーム練習には学生時代にも参加したことがあったそうですが、今入部して違いはありますか?

宮下:学生の時は一生懸命練習に混ざってついていこう、というだけだったんですけど、今は練習に取り組む前に「この練習はなんの目的をもってやるのか」をきちんとスタッフと話し、確認して臨む流れを毎回繰り返しています。大学は人数が多かったというのもありますが、みんなでわーと勢いに乗って練習していたところが、今は一人ひとりに合わせて目的を明確にし、練習を一回一回やってるなあと感じています。より自分と向き合っていく時間が増えて、内容を重視して取り組んでいると思います。

- 先日5000mで自己記録を更新(※)しましたね。入部してからのどのような経験がプラスになったと感じていますか?

宮下:学生時代はやはり駅伝、特に箱根の存在が大きすぎたということもあって、長い距離をやっていた中での5000mという位置付けだったので、スピードを早く出す、出力を高く持って出すという練習が少なかったんです。その状態でコニカミノルタ陸上競技部に入部して、同期の砂岡をはじめ本当にスピードある選手が多いので、一緒にスピード練習を取り入れていたのが成果につながり、今回13分台が出たのだと思っています。

(※)2022年5月、日本体育大学長距離記録会で13分51秒16を記録、自己記録を更新。自身初の13分台を記録。

競技人生を通して、宮下選手が大切にしているものとは

- では陸上競技を始めたきっかけやエピソードを教えて下さい。

宮下:僕の父が元々陸上をやっていて、地元の駅伝の県大会に毎年出場していたので、小さい頃よく応援に行ってたんです。襷をかけて走っている父の姿がすごくかっこいいな、いつか自分もやりたいなと思っていました。小中学校では陸上部がなかったんですが、高校では陸上部があったので、そこで初めて陸上始めることになりました。
僕の高校、そんなに強くなくて(笑)。3年間楽しくできればいいや、みたいな感じだったんです。正直、大学の陸上部に入りたいとは思っていなかったんですが、逆にそれでのびのびプレッシャーなく走れていたので、そこそこの記録が残せたのかなと思います。そんな時、大学から声をかけていただいて、今この場まで続ける形になりました。

- そこからなぜコニカミノルタを選んだのでしょうか。

宮下:いくつかあるんですけど、大きかったのは大学の陸上競技部監督がコニカミノルタ陸上競技部出身だったことです。監督はニューイヤー駅伝の優勝も経験されているんですが、陸上だけじゃなくて人間性の大切さなど本当に色々なことを教えていただきました。その監督がコニカミノルタで走っていたのなら、同じ環境で同じ名前を背負って社会人として戦いたいな、と選びました。

- なるほど。自分の選手として強みや特徴をどのように考えていますか?

宮下:うーん、特徴というか性格的には…なんというか、我ながらくそ真面目な性格なので(笑)
練習だったり、ウォーミングアップやストレッチだったり、そういった準備は丁寧にやっているつもりなので、そういう面が強みになって、結果につながっているのかなと思っています。準備は強みでもありますし、僕自身大切にしていることでもあります。

- 最後にコニカミノルタでの目標、今後成し遂げたいことを教えてください。

宮下:最終的な競技人生の目標としては、6年後のロサンゼルスオリンピックでマラソン日本代表として、日の丸を背負って世界と戦うことです。もちろんそれまでにニューイヤー駅伝など各大会があるので、そこも意識しています。かつて「21世紀の駅伝王者」と言われたチームですけど、まだ21世紀続いてるので(笑)、まだまだコニカミノルタが強いぞってところをアピールできるように、ニューイヤー駅伝をはじめ、色んな駅伝やレースで結果残していけたらなと思っています。応援よろしくお願いします。

PROFILE

宮下隼人(みやした はやと)
1999年10月15日生まれ、山梨県出身。学生時代は東洋大学陸上競技部に所属。2020年96回箱根駅伝では1時間10分25秒の5区区間記録を更新。4年では陸上競技部主将を務めた。
宮下隼人(みやした はやと)

2022年4月、コニカミノルタ陸上競技部に3名の新入部員加わりました。その一人、砂岡拓磨選手はどんな選手なのでしょうか。陸上競技を始めたきっかけから、入社の決め手、実業団選手としての想いなど…。インタビューを通じて、砂岡選手の素顔に迫ります。

Vol.1 砂岡拓磨選手

2022年4月、コニカミノルタ陸上競技部に3名の新入部員加わりました。今までの陸上競技人生を振り返りながら、今の心境を語ってくれたのは川口慧選手。実業団選手としての想い、そしてこれからについて、探ってきました。

Vol.2 川口慧選手

このページを共有する

コニカミノルタから情報を受け取る