ケアディレクター

提供価値

ケアディレクターはIT機器とデータを活用し、日々の効率的な運用を行うだけでなく介護現場を常に変革し続ける職種です。
施設人材をケアディレクターとして育成すると同時に、介護現場の変革に順応できる職場環境・風土を構築します。データを最適に活用することで、業務を効率化するだけでなく、入居者様へ高品質なケアの提供が可能になります。

ケアディレクター導入前・導入後

マスターケアDが直接支援「組織構築・目標設定・ルール構築」

介護現場では、入居者様が生活する居室内の様子を外から伺い知ることができないため、スタッフはケアコールが鳴ればすぐに居室を訪問し走り回っています。また、コール対応以外の時間も、転倒などの事故が起こってないかを常に気にしながらケアを行っています。人材が不足し十分な従業員が配置されない中、スタッフは、肉体的・精神的負荷を追っています。

教育プランも充実「スタッフ育成」

ケアサポートシステムとケアディレクターの導入により、居室内での入居者様の様子をセンサーが見守り、行動を認識するとケアディレクターに映像と共に通知します。蓄積データと合わせ状況を把握し、入居者様の状態に応じた情報をスタッフに提供します。スタッフは情報を活用して判断・最適なケアを実施できます。

データを活用した介護現場

ケアサポートシステムから得られるデータを収集・蓄積し、抽出された情報を可視化します。ケアディレクターは、状況を総合的に把握し、入居者様の状態に応じた情報を、スタッフへ提供します。スタッフは、情報を活用して、適切な判断を行い、最適なケアを実行します。

データを活用した介護現場を構築するプロセス

1. ティーチング

ケアディレクターに必要なスキル習得のための教育コンテンツをご用意。対面講義とEラーニングにより業務を続けながら学習が可能です。

2. コーチング

専属コーチが約2か月間、施設へ集中的に訪問。ケアディレクターを育成し、現場の声とデータを繋ぎ合わせた最適な業務環境を構築します。

3. リモートサポート

コーチング終了後も、お客様とのコミュニケーションをリモートで継続し、現場オペレーションの維持・向上に並走し続けます。

このページを共有する