2017年(平成29年)3月期 第2四半期 株主通信

事業別概況

1. 情報機器事業

オフィスサービス

  • 主力のA3カラー複合機が好調。特に上位製品の販売台数が増加。
  • 当社独自のハイブリッド販売が拡大、印刷枚数増、消耗品の販売増にも貢献。

商業・産業印刷

売上高 前年同期比 9.4%減

営業利益 前年同期比 23.9%減

2. ヘルスケア事業

  • カセッテ型デジタルX線画像診断システムが医療大手企業との販売協業もあり、米国中心に販売好調。米国では顧客満足度調査でNo.1を獲得。
  • 超音波画像診断装置「SONIMAGE(ソニマージュ) HS1」が四半期としては最高の販売台数を達成。中国など販売地域も拡大。
  • 医療ITサービスは前年に買収した米国企業も貢献し、売上堅調。

売上高  前年同期比 2.9%増

営業利益  前年同期比 16.7%減

3. 産業用材料・機器事業

産業用光学システム

  • 計測機器は当期間に見込んでいた大型商談が下期にずれ込み、販売減。

機能材料

  • 主力のディスプレイ製品(液晶テレビ、スマートフォンなど)用TACフィルムは、前年同期比では販売減も、第一四半期から回復。

売上高  前年同期比 21.5%減

営業利益  前年同期比 54.8%減