2017年(平成29年)3月期 第2四半期 株主通信

トピックス

各種の外部評価機関から、引き続き高い評価を獲得。
1.「Dow Jones Sustainability World Index」構成銘柄に5年連続で採用

当社は世界的に権威のある社会的責任投資(SRI)指標の一つ「Dow Jones Sustainability World Index」(DJSI World)の構成銘柄に5年連続で採用されました。今回から経済側面に新たに追加された項目、「マテリアリティ」で高評価を得たほか、気候変動に関する戦略や環境方針・マネジメント、情報公開などの環境側面の取り組みが、3年連続で、該当業種内で最高評価を得ました。

Dow Jones Sustainability Indice

2.「攻めのIT経営銘柄2016」に選定

当社はICT(情報通信技術)の積極的な活用により、お客様や社会の課題解決に寄与する付加価値の高い事業への転換を図ることを、成長戦略に掲げています。こうした取り組みが評価され、経済産業省と東京証券取引所から「攻めのIT経営銘柄2016」に選ばれました。

2016 攻めのIT経営銘柄

3.「健康経営銘柄」に2年連続で選定

当社では、「従業員の健康が全ての基盤」との認識のもと、健康第一の風土づくりを推進するとともに、従業員の心身両面の健康を支える制度・体制を整備しています。こうした姿勢と取り組みが評価され、経済産業省と東京証券取引所から「健康経営銘柄」に2年連続で選ばれました。

2016 健康経営銘柄

4.「JPX日経インデックス400」に4年連続で選定

日本取引所グループ(JPX)と東京証券取引所、日本経済新聞社は、投資者にとって魅力の高い会社を紹介する新たな株価指数として「JPX日経インデックス400」を共同開発し、2013年から選定・発表しています。
この指数は、グローバルな投資基準に求められる諸要件を満たした企業を選定するもので、当社は4年連続で選定されています。

JPX-NIKKEI 400