施設向けケアサポートソリューション

提供価値

ケアサポートソリューションは、行動検知センサーとスマートフォンを軸としたワークフロー変革で介護業務全体の効率化を実現するソリューションです。業務効率化によって生まれたスタッフの時間的・精神的余裕により、従来のケアコールやマットセンサー、介護記録システムでは実現できなかったケア品質の向上を実現いたします。

  • 介護業務の労働生産性向上
  • 収益アップ
  • 入居率アップ
  • 介護品質の向上
  • スタッフの働きやすさ向上(離職の抑制)

機能

01状況を「見て行動」

起床、離床、転倒・転落、ケアコールの通知時に入居者様の様子が映像で確認可能となり、状況を判断してから行動することができます。
*ご入居者様のプライバシー保護
起床、離床、転倒・転落、ケアコールの通知時がない限り、スマートフォンから入居者様の様子を確認することはできません。

02胸の動きによる体動異常通知で「安否確認」

呼吸による体動の異常を通知できるため、スタッフの人数が少ない夜間の巡回業務負荷を軽減できます。

03転倒・転落時の「エビデンス」

転倒・転落発生時、事故前後の状況が動画で記録できるため、原因究明や適切なケアを行うことができます。
*ご入居者様のプライバシー保護
転倒・転落時以外は映像記録されません。

04その場で「ケア記録作成」

介護スタッフはスマートフォンを使い、その場でケア記録の入力ができます。記入ミスや転記ミスを防止し、記録作成時間を削減できます。

05即時・確実な「情報共有」

スマートフォンを使いリアルタイムに入居者様情報を他のスタッフ様に配信できるため、情報共有の時間を削減できます。

06入居者様の自立を促す「お声がけ」

起床、離床、転倒・転落、ケアコールの通知時に入居者様の様子を映像で確認できるため、状況を見ながらお声がけができます。事実に即して入居者様に行動を促すことで「自立支援」につながります。

ケアサポートソリューションの製品システム構成

コニカミノルタは創業以来培ってきた光学技術、センサー技術、画像処理技術を独自のICTで融合し、介護業務全体の効率化を実現する「ケアサポートソリューション」を生み出しました。全てのお部屋に行動検知センサーを設置し、スタッフ様全員にスマートフォンをお持ちいただきます。本システムはスマートフォンを軸に、現場とバックヤードをシステム管理サーバーで接続しています。

システム構成

ユーザーフレンドリー設計

システム全体イメージ図

全ての機器をケアサポートソリューションとしてご提供いたします。
センサーボックスやアクセスポイントはPoEハブによりLANケーブルを通じて電源を供給します。

*Windows端末はケア記録ビューワ(閲覧)に使用します。

このページを共有する